i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3044
  FAQ_ID:3044
Business > i-FILTER Ver.9 > インストール・バージョンアップ
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > インストール・バージョンアップ
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > インストール・バージョンアップ
 
「i-FILTER」 旧バージョン(Ver.7以前)からVer.9やVer.8に移行後に注意する点はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」では、Ver.8より大幅なアーキテクチャ変更を実施しているため、
環境によっては移行前後で動作が異なる場合があります。

移行の際には仕様変更による影響報告が特に多い下記4点に留意
してください。



(1)ログファイルの仕様変更

従来のバージョンとログファイルの互換性がないため、アクセスログファイルおよび
「i-FILTER Reporter」ご利用中の場合は集計データをあらかじめバックアップして
ください。

 
▽関連FAQ:各バージョンのアクセスログフォーマット
 「Ver.9
 「
Ver.8
 「
Ver.7


(2)正規表現の仕様変更

詳細は下記FAQをご参照ください。

 
▽関連FAQ:旧バージョンから移行時の正規表現記述についての注意点
 「Ver.9
 「
Ver.8


(3)グループ判定処理の仕様変更

詳細は下記FAQをご参照ください。

 
▽関連FAQ:グループに認証ユーザー名を登録する場合の注意点
 「Ver.9
 「
Ver.8


(4)HTTPSサイト閲覧時の動作変更

 「i-FILTER」Ver.9 では、「SSL Adapter」が標準搭載されているため、
 対象のHTTPSページ閲覧時にブラウザの証明書警告が表示されます。

 これを抑止するには、ブラウザ側にSSL代理証明書をインポートする必要が
 あります。(Ver.7で「SSL Adapter」を利用されていた場合には同様の
 動作となります。)

 
▽関連FAQ:SSL代理証明書インポート手順

  ●SSL代理証明書インポート手順①「ブラウザ単体」

  ●SSL代理証明書インポート手順②「コンピュータ単体(全ユーザー)」

  ●SSL代理証明書インポート手順③「ドメインユーザー(グループポリシー使用)」

  ●SSL代理証明書インポート手順④「モバイル端末」



※上記以外に移行後の動作確認において想定されない挙動がございましたら
  個別にご案内いたしますので、サポートセンターまでお問い合わせください。
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.9 旧バージョン(Ver.7.x、Ver.6.x)か...
「i-FILTER」設定移行支援ツールでVer.7からVer.8.5(9.x)へ...
「i-FILTER」Ver.9 旧バージョン(Ver.8.x)からのアップデート...
「i-FILTER」 設定移行支援ツールでVer.7 の設定を移行しましたが、N...
「i-FILTER」 製品をバージョンアップする際に実施しておくべき点はあります...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます