i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3045
  FAQ_ID:3045
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」プロセス不正終了時のCoreファイル出力を無効化する方法はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: Linux

「i-FILTER」は、プロセス不正終了時にCoreファイル(core.PID)を出力します。
(参考FAQ:28293672)

短時間に不正終了を繰り返す事象が発生した場合、ファイル出力により
ハードディスク容量を圧迫する可能性があります。

Coreファイルの出力を抑止する場合には、以下の手順で設定変更を
してください。

■設定変更手順
-------------------------------------------
(1)「i-FILTER」サービスを停止

(2)設定ファイル「ifilter.conf」を編集

 ▼ファイルパス
 {インストールディレクトリ}/conf/ifilter.conf

 【変更前】
 sys_rlimit_core = -1
 
 【変更後】
 sys_rlimit_core = 0


(3)「i-FILTER」サービスを開始
-------------------------------------------

※ Coreファイルは不具合を調査する上で必要なファイルです。
   不正終了の原因を弊社にて調査する場合には、Coreファイルを保存後、
   設定を変更してください。


 
関連コンテンツ
「i-FILTER」 LinuxOSに設定されているDNSサーバーを変更(/et...
「i-FILTER」Ver.9 調査時に必要なメモリダンプやコアダンプを取得する...
「i-FILTER」Ver.8 にてプロセス単位のメモリダンプ/Coreファイル...
「i-FILTER」サーバーリプレースやログ設定変更時に注意する点はありますか(...
「i-FILTER」インストールディレクトリに「core.XXXX」というファイ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます