i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3047
  FAQ_ID:3047
Business > m-FILTER > アンチスパム
 
「m-FILTER」 アドレスとキーワード以外にスパム判定除外する方法はありますか
対応バージョン: Ver.3 Ver.4 Ver.5
対応OS: すべてのOS

「件名」や「Receivedヘッダー」など、「共通スパムルールセット」に存在しない条件でスパム判定を
除外するには、以下の設定が必要です。


■要件
 件名「non_spam_subject」を含む場合はスパム判定を除外する

■作業手順
 ───────────────────────────────

 1. システムフィルターのアクションを「次のルールへ」のみにする
 
───────────────────────────────
 [ ルール > 共通ルールセット > 共通スパムルールセット >
  ルールセット編集(SMTP) > システムフィルター設定 ]→「編集」




 
───────────────────────────────
 2. スパムルールセットで除外用ルールを作り、非該当アクションで送信にする
 
───────────────────────────────
 [ ルール > 共通ルールセット > 共通スパムルールセット >
  ルールセット編集(SMTP) > ルール新規作成 ]

 ◇フィルター条件

  【対象】 件名/本文(キーワード)

  【内容】 件名(Subject)にnon_spam_subjectが1回以上部分一致しない

 ◇アクション
 
  [
] 該当時アクション:次のルールへ
 
  [
×] 非該当時アクション:送信

  ※作成したルールが「ON」になっていることを確認してください。


  ※条件「1回以上部分一致した」、該当時アクション「送信」と
   した場合、スパム判定された上で送信されるためご注意ください。



 ───────────────────────────────
 3. 「2.」より優先度の低いスパムルールでヘッダー「X-SPAM-CMAE: Yes」を
    条件にスパム判定アクションを設定する
 
───────────────────────────────
 [ルール > 共通ルールセット > 共通スパムルールセット >
  ルールセット編集(SMTP) > ルール新規作成]


 ◇フィルター条件

  【対象】 任意のヘッダー(キーワード)
 
  【内容】 X-SPAM-CMAEにYesが1回以上部分一致した

 ◇アクション

  [
] 該当時アクション:保留
  [
×] 非該当時アクション:次のルールへ

  ※ スパム判定アクションは環境に応じて「件名へタグ追加」や「削除」等を設定してください

  ※ 作成したルールが「ON」になっていることを確認してください



 ▽[ ルール > 共通ルールセット > 共通スパムルールセット ]
   「<<共通SMTPスパムルールセット>>」で設定を確認

 
関連コンテンツ
「m-FILTER」「m-FILTER Anti-Spam」(アンチスパム)のシ...
「m-FILTER」 アンチスパムにより正しく判定されない場合の対処方法を教えて...
「m-FILTER」拡張システムフィルター有効化および、システムフィルター無効化...
「m-FILTER」「DNSBL」の設定は行ったほうが良いのですか
「m-FILTER」システムフィルターデータベースの更新に失敗する場合の設定確認...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます