i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3100
  FAQ_ID:3100
Business > i-FILTER Ver.9 > ネットワーク
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
 
「i-FILTER」IPv6アドレスによるプロキシ通信設定方法(IPv6完全対応設定)
対応バージョン: i-FILTER Ver.8.70~ Ver.9.10~
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」では、Ver.9.10R01、及びVer.8.70R01以降のリリースより「incoming IPアドレスリスト」機能によりクライアントとの
通信にIPv6アドレスを使用することが可能です。

これにより、従来までの「IPv4/IPv6変換」機能(「i-FILTER」<->Webサーバー間の
IPv6通信機能)を併用することで、「i-FILTER」経由のHTTP通信をIPv6で実施することが
できます。

【設定手順】

(1)クライアントから「i-FILTER」へのIPv6アクセスを設定

 クライアント(下位通信) <-> 「i-FILTER」間の設定です。

 設定項目>
 [システム設定 / システムパラメーター設定 / システムIPアドレス設定]

 「incoming IPアドレスリスト」にIPv6アドレスを登録します。



  ※IPv4アドレスからのリクエストも許可する場合は、IPv4アドレスもあわせて登録します(上図参照) 

  ※「i-FILTER」サーバーに設定されているIPv6アドレス(グローバルスコープ)のみ登録可能です
  

  ※「i-FILTER」サーバー側にIPv6アドレスのデフォルトゲートウェイ設定が必要です

(2)「i-FILTER」からWebサーバーへのIPv6によるアクセスを設定

 「i-FILTER」 <-> Webサーバー(上位通信)間の設定です。

 設定項目>
 [システム設定 / システムパラメーター設定 / システム機能設定]

 「プロキシ機能パラメーター > プロトコル変換ルール」より
 「IPv6を優先(IPv4/IPv6利用)」を選択します。

 この設定により、DNSサーバーがIPv6アドレスをレスポンスした場合に、
 「i-FILTER」は、IPv6アドレスに対して優先的に通信を実施します。


  
  ※DNSサーバーがIPv4アドレスのみレスポンスした場合は、IPv4アドレスへの通信を実施します。

 
(3)「i-FILTER」サービスを再起動

 設定反映のために管理画面もしくは、システムから「i-FILTER」サービスを
 再起動します。

 (4)動作を確認

 ブラウザのプロキシサーバー設定にIPv6アドレスを登録後、IPv6対応サイト、
 IPv6アクセスチェックサイト等で動作を確認します。

  ※InternetExplorerでは、IPアドレス欄を[ ] で括る必要があります
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」 「IPv4/IPv6変換機能」では、IPv6クライアントか...
「i-FILTER」で設定可能なスレッド数と注意点を教えてください
「i-FILTER」管理画面[システム機能設定]「スレッド数」「プロセス数」設定...
「i-FILTER」proxy.pac利用環境でブロック画面表示のタイムアウトや...
「i-FILTER」 Windows Server 環境で特定Webサイト(Ya...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます