i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3233
  FAQ_ID:3233
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
 
「i-FILTER」 検索キーワードやコンテンツキーワードでブロックする方法
対応バージョン:i-FILTER Ver.9
対応OS: すべてのOS


検索キーワードやコンテンツページに記述されているキーワードの内容でブロックする場合は、下記手順を実施してください。

 

◆注意◆
本設定は、内容によって想定以上のブロックが発生する場合があります。事前に動作をご確認ください。


1. ブロック対象のキーワードを登録

 ▽設定箇所
 [共通設定 / 基本モード / ユーザー定義リスト] - [禁止単語リスト](プルダウンから選択)





 今回は、「検索」と「コンテンツ」に対して「ブロック」アクションを設定します。


2. 「コンテンツフィルター」を設定
  
 ▽設定箇所
 [グループ設定 / 基本モード / フィルター設定] - [コンテンツフィルター]





 ブロック対象のグループ設定を変更します。


3. 除外条件を設定

 特定条件でブロックを除外する場合に設定します。下記例では、「ブラック除外リスト」でYahoo!JAPANトップページに完全一致したときにブロックを除外するように設定しています。

 ▽設定箇所
 [共通設定 / 基本モード / ユーザー定義リスト] - [ブラック除外リスト](プルダウンから選択)


 

 「i-FILTER」では、上記以外にも様々な方法で、除外設定することができます。詳細は以下FAQやマニュアルを参照ください。
 

 ▽参考FAQ:「i-FILTER」 [高度な設定]と[優先フィルタリング設定]の利用方法
 
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3175

 

関連コンテンツ
「i-FILTER」セーフサーチ機能を提供している特定の画像・動画検索エンジンや...
「i-FILTER」 グループの「モード」選択時に適用されるフィルター設定を教え...
「i-FILTER」 下位プロキシサーバーが配置されている場合、認証機能で注意す...
「i-FILTER」Youtubeが提供するセーフモード機能を強制させることはで...
「i-FILTER」 [共通リスト]や[個別リスト]、各種設定のルール行に「有効...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます