i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3297
  FAQ_ID:3297
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > フィルタールール
 
「i-FILTER」Adobe Creative Cloud/Document Cloudを使用することができません

対応バージョン: i-FILTER Ver.8.5 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS


Adobe社の「Creative Cloud」「Document Cloud」といったサービスをご利用される際、
「i-FILTER」のルールでブロックしていないにもかかわらず、認証、SSLデコードといった
機能により通信が失敗することがあります。

本FAQでは、上記を回避するための設定方法をご案内します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
●注1

 本FAQは、下記Adobe社のページに掲載されているアクセス先URLをもとに
 作成しています。

 Acrobat/Document Cloud が使用する URL とポート番号
 https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/cq10141319.html

 Creative Cloud が使用する URL とポート番号(ネットワークエンドポイント)
 https://helpx.adobe.com/jp/enterprise/kb/network-endpoints.html

 該当サービスは弊社で管理しているものではなく、アクセス先URLの情報は予告なく
 変更されることがありますので予めご了承ください。

●注2
 
 本FAQは切り分けのため、上記で紹介されているURLをすべてプロキシ認証
 及びSSLデコード機能を使用しないようにする手順となります。
 
 認証ユーザー名やOU、セキュリティグループ等によりグループ判定を実施
 されている場合、認証除外に指定されたアクセスはクライアントIPアドレスで
 グループ判定され、どのグループにも判定されない場合は<<標準のグループ>>
 のルールが適用されます。

 <<標準のグループ>>にてご案内しているホストへアクセスできるようになって
 いる必要がありますのでご注意ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

設定手順

※各設定完了後には「保存」ボタンをクリックしてください。

認証除外設定

(1)認証除外ホストへの登録

 ▽設定項目
 [ システム設定 / ユーザー認証 / 除外設定 ]
 [ システム / ユーザー認証 / 除外設定 ] ※ Ver.10


 「除外ホスト > ホスト名」を有効にして必要なホスト名を「部分一致」で登録します。

acrobat.com
adbecrsl.com
adbemdigitalmediarebootprod2.112.2o7.net
adobe.com
adobe.io
adobe.ly
adobecc.com
adobecce.com
adobeccstatic.com
adobedtm.com
adobeexchange.com
adobejanus.com
adobeku.com
adobelogin.com
adobeoobe.com
adoberevel.com
adobesc.com
adobetag.com
amazonaws.com
api-cna01.adobe-services.com
bam.nr-data.net
behance.net
build.phonegap.com
businesscatalyst.com
cloudfront.net
creativecloud.com
demandbase.com
demdex.net
digicert.com
docs.aws.amazon.com
echocdn.com
echosign.com
edgefonts.net
files.acrocomcontent.com
files-download2.acrocomcontent.com
ftcdn.net
macromedia.com
newrelic.com
okta.com
oktacdn.com
oktapreview.com
omniture.com
omtrdc.net
photoshop.com
prosite.com
typekit.com
typekit.net
worldsecuresystems.com
myportfolio.com
www-prod.adobesunbreak.com



(2)アクセス確認

 上記設定保存後、アクセスできるようになったかご確認ください。


SSLデコード除外設定

※認証除外してもアクセスできない場合にお試しください。

(1)認証局を指定したルールパーツを作成

 下記項目よりルールパーツを作成します。

 ▽設定項目

 [ルールセット / ルールパーツ / 識別名リスト]

 タイプ: アクセス先(DST)
 識別名: 下記を「部分一致」で登録

ctldl.windowsupdate.com
geotrust.com
globalsign.com
godaddy.com
omniroot.com
symantec.com
symcb.com
symcd.com
thawte.com
verisign.com


 ※認証局のホストはhttpsアクセスの際、証明書情報を参照するために
  アクセスすることがあります。




(2)サービスの接続先ホストを指定するルールパーツを作成

 ▽設定項目
 [ルールセット / ルールパーツ / 識別名リスト]


acrobat.com
adbecrsl.com
adbemdigitalmediarebootprod2.112.2o7.net
adobe.com
adobe.io
adobe.ly
adobecc.com
adobecce.com
adobeccstatic.com
adobedtm.com
adobeexchange.com
adobejanus.com
adobeku.com
adobelogin.com
adobeoobe.com
adoberevel.com
adobesc.com
adobetag.com
amazonaws.com
api-cna01.adobe-services.com
bam.nr-data.net
behance.net
build.phonegap.com
businesscatalyst.com
cloudfront.net
creativecloud.com
demandbase.com
demdex.net
digicert.com
docs.aws.amazon.com
echocdn.com
echosign.com
edgefonts.net
files.acrocomcontent.com
files-download2.acrocomcontent.com
ftcdn.net
macromedia.com
newrelic.com
okta.com
oktacdn.com
oktapreview.com
omniture.com
omtrdc.net
photoshop.com
prosite.com
typekit.com
typekit.net
worldsecuresystems.com
myportfolio.com
www-prod.adobesunbreak.com



(3)登録したルールパーツを対象にSSLデコード除外に設定

 ▽設定項目
 [
オプション / SSL Adapter / SSLデコードポリシー設定 ]

 「1.」「2.」で作成したルールパーツを条件に「除外」に設定します。
 作成したルール行はドラッグアンドドロップより上位へ移動します。


(4)アクセス確認

 上記設定保存後、アクセスできるようになったかご確認ください。

関連コンテンツ
「i-FILTER」「i-FILTER」を経由すると、RTMPプロトコルを使用し...
「i-FILTER」「グループ設定」で認証ユーザーを検索する際、日本語表記のDN...
「i-FILTER」 SSL Adapter 利用環境でクライアント証明書を要求...
「i-FILTER」 URLのドメイン部分(ホスト名)によるフィルタールールを設...
「i-FILTER」Ver.9 旧バージョン(Ver.8.x)の設定ファイル使用...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます