i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3318
  FAQ_ID:3318
Business > m-FILTER MailAdviser > インストール
Business > m-FILTER MailAdviser > ライセンス
 
「m-FILTER MailAdviser」インストール時に「ライセンス数が不足しています」と表示されるのは何故ですか
対応バージョン: m-FILTER MailAdviser Ver.2.50R01~
対応OS: すべてのOS

ライセンス数が不足している状態です。
以下のような環境においては、同一の PC で複数のライセンスが
消費される可能性がございます。

1.
 同一の PC にてインストールしたユーザーの管理者(Administrator 等)とは
   別のユーザーで「m-FILTER MailAdviser」を利用するような環境の場合。

2.  利用ユーザーはインストールの権限がなく、インストールプログラムを右クリックし、
   表示されたメニューから [管理者として実行] をクリックし、インストールを開始した場合。

3.  通常利用しているユーザとは別にメンテナンスのため、管理者(Administrator 等)で
   動作確認を実施した場合。

4.  
導入以降に PC 入れ替えの作業を実施した場合。

上記、1 や 2 のインストールの完了時、インストーラーが「m-FILTER MailAdviser」
起動し、インストールしたユーザーアカウントでライセンスチェックの通信処理が
実行されるため、同一の PC でインストールしたユーザと利用するユーザが
異なる場合は複数のライセンスが消費されます。

そのため、インストール時のライセンスチェックを回避する方法としては
サイレントインストールにてインストール作業を実施することとなります。

サイレントインストールバッチについては、インストーラーファイル
(m-FILTER_MailAdviser-3.XXRXX.zip)を解凍いただき、
「AdminUtility」フォルダ内の「SilentInstall」フォルダに
「MA_Standard_SilentInstall.bat」がございます。

手順としては、「m-FILTER MailAdviser」のインストーラーが配置されてい
るフォルダ内にコピーしたうえで実行することとなります。
※詳細は、サポート情報サイトにログインいただき「m-FILTER MailAdviser」
管理者マニュアルの「3-1 サイレントインストールバッチ」を参照ください。

なお、上記 3 や 4 においてもライセンス数超過が発生する可能性があります。
その場合は、以下のサイトにご登録済みのシリアルナンバーとパスワードで
ログインし意図せずライセンスが消費されいている(不要な)行の削除を実施ください。


「ユーザー登録・確認」サイト
https://sec2.daj.co.jp/bs/user/mailadviser/

※詳細は、サポート情報サイトにログインいただき
「スタートアップガイド」を参照ください。
関連コンテンツ
「m-FILTER MailAdviser」ライセンス通信のタイミングについて教...
「m-FILTER MailAdviser」ライセンス更新後、PCで何かやるべき...
「m-FILTER MailAdviser」アンインストールがエラーで失敗してし...
「m-FILTER MailAdviser」Outlook 2013で、パフォー...
「m-FILTER MailAdviser」インストール後、メールを送信してもポ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます