i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3379
  FAQ_ID:3379
Business > FinalCode > FinalCode6 / FinalCode@Cloud > 機能・操作方法について > ユーザー登録
Business > FinalCode > FinalCode5 > 操作方法について
 
「FinalCode」登録しているメールアドレスを変えたい
FinalCodeクライアントに登録されているメールアドレスの変更はできません。
FinalCodeクライアントで別途、新しいメールアドレスでのユーザー登録と、古いメールアドレスの登録削除を行ってください。これにより、FinalCodeのユーザーとしては実質別のユーザーと認識されますので各種閲覧権限の変更が必要になります。

手順は以下の通りです。

<主管理者以外の一般ユーザーのメールアドレスを変える場合>
※有償ユーザーの場合、FinalCodeの管理画面で別途新しいメールアドレスでのユーザー登録が必要です(参考FAQ)。また、古いメールアドレスを有償ユーザー登録から削除する必要があります(参考FAQ)。
※古いメールアドレスで作成されたファイルの所有者を新しいメールアドレスのユーザーに変更する必要があります。変更を行っていない場合、過去に自分で作成した暗号化ファイルの閲覧や権限変更ができなくなります。(主管理者権限で所有者一括変更を行う)
※古いメールアドレスで閲覧者に設定されたテンプレートとファイルには、別途閲覧者として新しいメールアドレスを追加設定する必要があります。設定を行っていない場合、閲覧者に新しいメールアドレスが入っていない暗号化ファイルは開けなくなります。(主管理者権限で共有テンプレートの変更と、ファイルの閲覧者一括追加を行う)
  1. FinalCode クライアントを起動します。
  2. 「ユーザー情報」をクリックします。
  3. 「登録ユーザーの追加」をクリックします。
  4. 必要に応じてProxy設定等の「ネットワーク設定」を行います。
  5. 変更後のメールアドレスを二箇所に設定して「次へ」をクリックします。
  6. ワンタイムパスワードがメールで送付されるため、確認してFinalCode クライアントへコピー&ペーストします。
  7. ユーザー登録は完了です。一旦、FinalCodeクライアントを閉じます。
  8. FinalCode クライアントを起動し「ユーザー情報」→「登録ユーザーの切替」をクリックします。
  9. 変更前のメールアドレスを選択し、削除ボタンをクリックします。
なお、暗号化ファイルの閲覧権限はメールアドレスに紐付いていますので、テンプレート等の暗号化ファイルの権限設定も見直しが必要になります。また、アクセスログも引き継がれません。

<主管理者のメールアドレスを変える場合>
  1. FinalCode クライアントにて、新しい主管理者メールアドレスでユーザー登録を行います。
    ※FinalCode クライアントを起動し「ユーザー情報」→「登録ユーザーの追加」より実施
    ※この時点では主管理者ではありません。
  2. FinalCode クライアントにて、変更前の主管理者メールアドレスに切り替えます。
    ※FinalCode クライアントを起動し「ユーザー情報」→「登録ユーザーの切替」にて選択
  3. 新しい主管理者メールアドレスを有償ユーザーとして追加登録します。
    ※「管理画面」→「管理モード」→「ユーザー管理」→「ユーザー」→「ユーザー追加」より追加
  4. 主管理者のメールアドレスを変更します。
    ※「管理画面」→「管理モード」→「システム管理」→「システムパラメーター設定」→「主管理者のメールアドレス」欄へ新しい主管理者メールアドレスを入力し「適用」をクリック
  5. (5)FinalCode クライアントにて、新しい主管理者メールアドレスに切り替えます。
    ※FinalCode クライアントを起動し「ユーザー情報」→「登録ユーザーの切替」より選択
  6. 新しい主管理者メールアドレスに付与した主管理者権限をクライアント側に反映させます。
    ※「バージョン情報」→「ライセンス」をクリックします。
    ※管理画面へアクセスし、「管理モード」が利用可能であることを確認
  7. 変更前の主管理者メールアドレスの登録情報を削除します。
    ※FinalCode クライアントを起動し「ユーザー情報」→「登録ユーザーの切替」の画面にて、変更前の主管理者メールアドレスを選択し、削除ボタンをクリックします。
    ※「管理画面」→「管理モード」→「ユーザー管理」→「ユーザー」にて、変更前の主管理者にチェックを入れて、削除ボタンをクリックします。
なお、暗号化ファイルの閲覧権限はメールアドレスに紐付いていますので、テンプレート等の暗号化ファイルの権限設定も見直しが必要になります。また、アクセスログも引き継がれません。
関連コンテンツ
「FinalCode」「ローカルフォルダー自動暗号化機能」を使用する際の注意点は...
「FinalCode」共有フォルダー自動暗号化モジュールのイベントログの詳細を知...
「FinalCode」インストール方法を教えてください
「FinalCode」契約後は何をすればいいですか?
うるう年(うるう日)、うるう秒の影響を受けますか
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった