i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3384
  FAQ_ID:3384
Business > i-FILTER Ver.10 > SSL Adapter
Business > i-FILTER Ver.9 > SSL Adapter
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > SSL Adapter
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > SSL Adapter
 
「i-FILTER」特定サイト閲覧時、名前解決は成功しているのにDNSエラーが表示される
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「SSLハンドシェイク」の失敗が原因で、「DNSエラー」が出力される
ことがあります。

※SSLハンドシェイクに失敗する例
 ・SSL接続の際、サーバー側から「i-FILTER」に設定されているものよりも高い
  レベルのセキュア通信プロトコルを要求された
 ・フォールバック機能が無効であったため、サーバー側とのネゴシエーションに
  失敗した

SSLハンドシェイク中にサーバー側が切断した場合、
「i-FILTER」側ではサーバーが見つからなかったと同等の
扱いとなるため「DNSエラー」と表示されます。


■対策について

下記の対策により、回避できる可能性があります。

1.「SSLデコードポリシー」にて、該当のホストを「デコード除外」する
 ※該当ホストについては、暗号化された通信の内容は記録できなくなります。

2.より高いバージョンの「セキュア通信プロトコル」を有効にする
 [オプション / SSL Adapter / 基本設定] から、
 「使用するセキュア通信プロトコル」の設定を見直してください。




3.「SSLフォールバック機能」を有効にする(Ver.9.30R01~)
 [オプション / SSL Adapter / 基本設定]から、
 「フォールバック機能」を有効にします。


 ※強度が強いSSLプロトコルで通信が確立できなかった場合に、
  より強度の低いプロトコルで再接続を行うための設定です。

 
関連コンテンツ
「i-FILTER」証明書をインポートしてもFirefoxブラウザでは警告画面が...
「i-FILTER」「SSL Adapter」利用環境では上位プロキシに対してS...
「i-FILTER」 証明書ファイル設定の「ルート証明書ファイル」とはどのような...
「i-FILTER」[SSL接続終端処理]で使用される通信暗号化プロトコルはなん...
「i-FILTER」デコードしていないドメインで、「特定のURL」のみデコード対...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます