i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3428
  FAQ_ID:3428
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > 設定・操作方法
 
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」出口対策に必要な設定を教えてください
下記の設定が必要です。


■1.「ブラウザー以外のプロセスもフィルタリング対象とする」機能を使用する
 オンにすることでWebブラウザー以外のプロセスをフィルタリング対象とします。

 1.管理画面にログインし、[フィルタリング設定]をクリックします。
 2.グループを選択し、[詳細設定 / その他の設定 / MultiAgentの設定]と進みます。
 3.[ブラウザー以外のプロセスもフィルタリング対象とする]をオンにします。
 4.[設定保存]をクリックします。

※ご注意
 ・MultiAgent for Windows Ver.4.50R06以降のクライアントで使用可能です。
 ・フィルタ対象にすることで他社製ソフトウェアと競合する場合があります。
    予めテスト用のグループを作成し動作確認のうえご利用ください。
 ・80番、443番を使用したhttp、httpsにのみ対応しています。
    DNSプロトコルを利用したマルウェアなどは対象外となります。
 ・ブラウザー以外のソフトウェアではブロック画面を表示できない場合があります。


■2.[脅威情報サイト]カテゴリをフィルター対象にします
 オンにすることで、組織内のPCがマルウェアに感染した場合でも、情報詐取目的などで
 行われる悪質なWebサイトへの通信を遮断することができます。
 なお、本製品では初期設定でオンの状態で提供しています。

 参考:標的型攻撃対策に有効な出口対策機能
     http://www.daj.jp/bs/ifb/filtering/ildp/

 設定状況を確認する場合は、下記の手順で確認します。

 1.管理画面にログインし、[フィルタリング設定]をクリックします。
 2.グループを選択し、[フィルター強度設定]と進みます。
 3.ブロックカテゴリ欄から[脅威情報サイト]の設定状況を確認します。

※ご注意
 以下の様なページは「脅威情報サイト」カテゴリの対象外となります。
 ・アクセスすることでマルウェアをダウンロードするページ
 ・アクセスすることでウイルス、ワーム、トロイの木馬等に感染するページ
 ・マルウェアファイル自体のURL
関連コンテンツ
「i-FILTER」 カテゴリ[脅威情報サイト]へのアクセスが発生しているかはど...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 MultiAgentをインストールし...
「i-FILTER」カテゴリ[緊急]および[特殊]は具体的にどのような用途で使用...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 Android 4.4における制限事...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 SSLデコード除外ドメインの設定方法...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます