i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3467
  FAQ_ID:3467
Business > i-FILTER Ver.9 > SSL Adapter
 
「i-FILTER」Ver.9.30R03より古いバージョンを利用していますが、署名アルゴリズム「SHA-2」の証明書を利用できますか
対応バージョン:i-FILTER Ver.9
対応OS: すべてのOS

下記バージョンは、使用可能です。
・Ver.9.30R01
・Ver.9.30R02

「i-FILTER」Ver.9.30R03からSSL証明書の署名アルゴリズムが「SHA-2」に
変更されています。

しかし、上記バージョンでも証明書ファイルをインポートしなおすことで
「SHA-2」の証明書を利用することができます。

※Ver.9.30R01より古いバージョンでも下記手順で証明書を入れ直すことはできますが
 弊社で動作の確認は行っておりません。

以下のパスに配置されている証明書ファイルを「i-FITLER」に
インポートしなおしてください。

【「i-FILTER」管理画面 SSL Adapter証明書設定変更箇所】
[オプション / SSL Adapter / 証明書インポート]


※インポート後、「i-FILTER」を再起動する必要があります。
※再起動後、SSL代理証明書のキャッシュをクリアしてください。
 [システム設定 / SSL代理証明書 / キャッシュ情報]
※クライアント端末のブラウザーにインポートしている古い証明書を
 削除した後、上記の証明書をインポートしなおす必要があります。

証明書ファイルは以下のURLからダウンロードすることが可能です。

▼SHA-2対応 (証明書ファイル / 秘密鍵ファイル) 
https://download.daj.co.jp/user/ifilter/V9/#sha2
※サポート情報サイトへのログインは、ご利用の「i-FILTER」の 
 シリアルNo.とご登録メールアドレスの入力が必要です。 

【補足】
Ver.9.30R03以前の「SHA-1」証明書であっても、SSL代理証明書発行機能
で作成される証明書は「SHA-2」に対応しているため、
「SHA-1」証明書廃止の影響は受けません。

 
▼参考FAQ
Microsoft社のSHA-1ハッシュアルゴリズム廃止の影響はありますか
http://www.pa-engine.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3294
関連コンテンツ
「i-FILTER」 Ver.9/Ver.10 へバージョンアップ後、HTTPS...
「i-FILTER」一部の証明書を無効にしたら、httpsサイトへ接続できなくな...
「i-FILTER」Chrome バージョン58にアップデート後にSSLサイトに...
「i-FILTER」Chrome バージョン58にアップデート後、SSLサイトに...
Microsoft社のSHA-1ハッシュアルゴリズム廃止の影響はありますか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます