i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3473
  FAQ_ID:3473
Business > i-FILTER Ver.9 > ログ出力
 
「i-FILTER」ログに「設定同期対象への接続初期化に失敗しました」と出力されましたが影響について教えてください
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 i-FILTER Ver.9
対応OS: すべてのOS

頻発していなければ問題の無いログとなります。

設定同期の際に下記のようなログが出力されることがあります。
---
[INFO] 2015/09/01/12:00:00 設定同期応答データを受信しました。HOST:192.168.0.100 STATUS:BUSY CODE:0
[WARN] 2015/09/01/12:00:01 設定同期対象への接続初期化に失敗しました。
192.168.0.100
---
これは同期確立リクエストを送信相手から受信した情報となり、
「STATUS: BUSY」は相手が処理中であることを示します。

同期確立リクエストを送信したときに相手が何らかの同期処理を行っていたため、
要求を受け付けられなかったものです。

下記条件で出力されますが、
「i-FILTER」の仕様上、出力されても頻発しなければ問題ありません。

・同期確立リクエストの送信に失敗した場合
・同期確立リクエストに対する応答が全て受信できなかった場合
・同期確立リクエストに対する応答が不正なデータである場合
・同期相手が同期処理中だった場合

極端に頻発していた場合や、実際に設定同期ができていないことが
確認できるケースでは別途調査が必要となりますので、
サポートセンターまでお問い合わせください。
関連コンテンツ
「i-FILTER」アクセスログからウェブサイト名(ウィンドウタイトル名)を確認...
「i-FILTER」 既存サーバーの設定ファイルを新規サーバーにコピー後に、設定...
「i-FILTER」Ver.9 旧バージョン(Ver.8.x)のPOSTログを引...
「i-FILTER」 標準形式のアクセスログに出力される2つの時刻は、それぞれど...
「i-FILTER」 Ver.9 AV Adapter 利用環境で管理画面やアク...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます