i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3580
  FAQ_ID:3580
Business > i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter > フィルタールール
 
「i-FILTER」Boxの『Verified Enterpriseアカウント』のみをログイン許可する方法はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS
 
「Webサービス機能」を利用することで、制御可能です。     
下記の許可設定を実施してください。     
 
【Webサービス機能リスト】
Box.com 基本機能     
 └Box Verified Enterprise アカウント     
 └Box.com ファイルアップロード     
     
また、Webサービス機能以外に、URLフィルターの除外設定も利用できます。     
     
除外設定は、適用範囲に応じて設定箇所が異なります。
利用する環境に応じて下記いずれかの設定を実施してください。
   
【ブラック除外リスト設定箇所例】

   ・共通リスト(全体に適用)     
  [共通設定 / 基本モード / ユーザー定義リスト]     
   └ 「ブラック除外リスト」     
     
 ・個別リスト(グループに適用)     
  [グループ設定 / 基本モード / 個別リスト]     
   └ 「ブラック除外リスト(リストから選択)」     
     
 ・ルールパーツ使用     
  [ルールセット / ルールパーツ / URLリスト]からルールパーツを作成後、     
   [共通設定 / 優先フィルタリング設定](全体に適用)もしくは、     
   [グループ設定 / 基本モード / 高度な設定](グループに適用)に"許可アクション"で追加     
     
 ・除外文字列     
  【部分一致】https://www.box.com/     
  【部分一致】ent.box.com     
  【部分一致】account.box.com     
     
※注意: Verified Enterpriseアカウントから受信した共有リンクを閲覧する場合は、     
               以下の文字列を除外文字列に登録してください。     

              【部分一致】https://送信元Boxテナントのサブドメイン.box.com/     
     
※注意: 本FAQ記載の情報は、Boxサイト側の仕様変更が発生した場合には利用     
     できなくなる可能性があります。あらかじめご了承ください。    
関連コンテンツ
「i-FILTER」YouTubeで文部科学省の動画のみ視聴許可させることは可能...
「i-FILTER」『Webサービスフィルター』は、旧バージョンのフィルタリング...
「i-FILTER」アクセスログからウェブサイト名(ウィンドウタイトル名)を確認...
「i-FILTER」Webサービス制御が想定した動作にならないのはなぜですか
「i-FILTER」 WebサービスやURLフィルターのデータベース更新タイミン...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった