i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3639
  FAQ_ID:3639
Business > i-FILTER Ver.9 > ログ出力
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > ログ出力
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > ログ出力
 
「i-FILTER」アクセスログをCSV形式で出力をすると、ログの出力形式が標準形式と違います。 具体的な違いを教えてください
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9
対応OS: すべてのOS

出力される情報量に違いはありませんが、「区切り位置」が変わることにより「カラム数」が
変わります。
下記が相違点の一覧となります。

 
  標準形式 CSV形式
区切り文字 スペース区切り ","(カンマ区切り)
カラム数 31 26
アクセスログを出力した日時 月、日、時間ごとに分けて出力 1カラムに出力
アクセス開始日時 日時、タイムゾーンに分けて出力 日時、タイムゾーンが1カラムに出力
アクセス先 HTTPメソッド、URL、HTTPバージョンに分けて出力 HTTPメソッド、URL、HTTPバージョンが1カラムに出力

各カラムの出力内容については、「i-FILTER」機能マニュアル に記載が
ありますので併せて確認してください。

▽「i-FILTER」機能マニュアル 
10-1-1 Ver.9アクセスログフォーマット 
10-1-2 Ver.8アクセスログフォーマット

機能マニュアルはサポート情報サイトからダウンロード可能です。
▽サポート情報サイト
https://download.daj.co.jp/user/ifilter/V9/ 

※サポート情報サイトへのログインは、ご利用のi-FILTERの 
 シリアルNo.とご登録メールアドレスの入力が必要です。 
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.9 旧バージョン(Ver.8.x)のPOSTログを引...
「i-FILTER」 [URLリスト]ルールパーツのインポートフォーマットはどう...
「i-FILTER」 URLのドメイン部分(ホスト名)によるフィルタールールを設...
「i-FILTER」にて出力される実行ログのメッセージについて知りたい
「i-FILTER」 「if_server実行ログ(listen.log)」 に...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます