i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3659
  FAQ_ID:3659
Business > i-FILTER Ver.10 > プロキシ認証
Business > i-FILTER Ver.9 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > プロキシ認証
 
「i-FILTER」NTLM認証を使用する際、認証連携先として複数のドメインが存在する場合に注意することはありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: Linux

Linux版「i-FILTER」のNTLM認証で複数ドメインを認証対象とする場合は、
[システム設定 / ユーザー認証 / NTLMドメイン設定]
(Ver10では[システム / ユーザー認証 / NTLMドメイン設定] )で設定した
ドメインコントローラーのドメインと、他のドメイン間で「双方向の信頼関係」が
結ばれている必要があります。
関連コンテンツ
「i-FILTER」Linux版の「NTLM認証」環境において、ドメインコントロ...
「i-FILTER」NTLM認証が有効な環境で認証対象ADサーバーのIPアドレス...
「i-FILTER」「NTLM認証」の設定方法について、参考資料はありませんか
「i-FILTER」Windows環境で「NTLM認証」を利用する場合、確認する...
「i-FILTER」NTLM認証で、追加したドメインに対するユーザーおよびグルー...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます