i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3686
  FAQ_ID:3686
Business > m-FILTER > ログ出力
 
「m-FILTER」Ver.5 通信ログの出力フォーマットはどのようなものですか。
対応バージョン: m-FILTER Ver.5
対応OS: すべてのOS

「m-FILTER」が出力する通信ログは、カンマ区切りで構成されているため、
拡張子を「.csv」に変更することで、Excel等でセル表記で閲覧が可能です。

■出力先パス(デフォルト)
<インストールディレクトリ>/logs/mail/mail.log (当日ログ)
<インストールディレクトリ>/logs/mail/YYYYMMDD_mail.log (ローテートログ)

※出力先設定(管理画面)[オプション > ログ > 通信ログ]

■サンプルログ
----------------------------------------------------------------------
2017/09/19 17:45:17,19/Sep/2017:17:45:15,38,38_kVgK+WOW0HlRgB9xFlbXXw==,738,0,0,1505896997_0,ruleset,rule,
%22-1%2C%2C%2C%2C%2C%2C%2C%22,1505896997_0,user01@daj.co.jp,"1505896997_0,user02@daj.co.jp",0,
----------------------------------------------------------------------
※文字コードは「UTF-8」で出力され、変更はできません。

■通信ログ出力フォーマット
カラム 出力内容 カスタムログ
    キー 置換え文字|初期設定
1 メールを保存メールに登録した日時
 標準ログ出力フォーマット:
   yyyy/mm/dd hh:mm:ss
 カスタムログ出力フォーマット:
   MMM dd yyyy HH:mm:ss zzz
LEEF:devTime
CEF: rt
%DATE%
LEEF: devTimeFormat
CEF: 該当なし
%DATEFORMAT%
2 メールの送信のためにサーバーへアクセスされた日時
 標準ログ出力フォーマット:dd/Mmm/yyyy:hh:mm:ss
 カスタムログ出力フォーマット:MMM dd yyyy HH:mm:ss zzz
start %ADATE%
3 メール固有ID
 「m-FILTER」が付与する連番数字
mailid %MAILID% -
4 m-FILTERメールID
 メール固有ID_サーバー固有文字列
mfid %MFID%
5 メールサイズ(Bytes)
 添付ファイルサイズ含む
mailsize %MAILSIZE% -
6 アクション
 0:送信
 1:削除
 2:保留
 4:リレー
 8:保留→送信
 9:保留→削除
act %ACTION%
7 送信ディレイの状態
 0:送信ディレイ対象でない
 1:送信ディレイ中
 2:送信ディレイ状態から送信
 3:送信ディレイ状態から削除
delay %DELAYINFO% -
8 ルール適用された該当グループ
 標準ログ:URLエンコード(UTF8)出力
 カスタムログ:非URLエンコード出力
group %GRPNAME% -
9 適用されたルールセット名
 標準ログ:URLエンコード(UTF8)出力
 カスタムログ:非URLエンコード出力
ruleset %RULESET% -
10 適用されたルール名※1
 標準ログ:URLエンコード(UTF8)出力
 カスタムログ:非URLエンコード出力
ruleset %RULENAME% -
11 適用されたフィルター条件※2
 標準ログ:URLエンコード(UTF8)出力
 カスタムログ:非URLエンコード出力
filterinfo %FILTERINFO% -
12 差出人グループ名
 標準ログ:URLエンコード(UTF8)出力
sgroup %SGROUP% -
13 差出人メールアドレス(エンベロープ) suser %FROM%
14 宛先グループ名/宛先アドレス(エンベロープ)
 "宛先グループ名,宛先アドレス"で出力
 (カンマ区切り、ダブルクォート囲み)
 標準ログ:URLエンコード(UTF8)出力
 カスタムログ:非URLエンコード出力
 ※ 複数宛先の場合はダブルクォート内でカンマ区切り
dgroupuser %RECIPIENTS%
15 保存状態
 0:保存対象
 1:ライセンスが無効のため保存対象外
 2:グループ設定における保存対象外
 3:メールサイズ超過のため保存対象外
 4:スパムメールを保存しない設定のため保存対象外
 5:受信メールを保存しない設定のため保存対象外
 6:送信メールを保存しない設定のため保存対象外
 7:メール保存しない設定のため保存対象外
saveinfo %SAVEINFO%
※1 ひとつのルールセット内で複数のルールに該当した場合、最後に適用した
    ルールがログに出力されます。
※2 どのルールにも該当しなかった場合「-1,,,,,,,」(URLエンコード時は
  「%22-1%2C%2C%2C%2C%2C%2C%2C%22」)が出力されます。


通信ログは適用対象のルールセット毎に一行出力されるため、同一の
メールに対して最大で6行(下記ルールセット分)出力される場合があります。

■ルールセットの種類
--------------------------

1. 共通送信ルールセット
2. 個別送信ルールセット
3. 共通スパムルールセット
4. 個別スパムルールセット
5. 共通受信ルールセット
6. 個別受信ルールセット
--------------------------


 
関連コンテンツ
「m-FILTER」通信ログの出力フォーマットはどのようなものですか。
「m-FILTER」Ver.5 SMTPアクセスログの出力フォーマットはどのよう...
「m-FILTER」 SMTPアクセスログの出力フォーマットはどのようなものです...
「m-FILTER」作成したルールセットがどのメールに対して適用されるかを確認す...
「m-FILTER」 アドレスとキーワード以外にスパム判定除外する方法はあります...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます