i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3705
  FAQ_ID:3705
Business > i-FILTER Ver.10 > システム構成
Business > i-FILTER Ver.9 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > システム構成
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > システム構成
 
「i-FILTER」マスタースレーブ構成で自動同期機能有効時のバックアップ/ロールバック手順はどのようなものですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

自動同期機能を有効にした状態で取得した設定バックアップをロールバックしようとすると、
サービス再起動後にロールバック前の設定に戻ってしまい失敗します。

自動同期が有効の状態で取得した設定バックアップをロールバックするためには、以下のように
スレーブ機で "revision.dat" ファイルを削除し、サービスを再起動してから
設定バックアップを行ってください。

▼バックアップ/ロールバック手順
(1) 自動同期が有効の状態で、マスター機で設定バックアップを行います
(2) 何らかの設定変更を行います
(3) マスター機、スレーブ機共に自動同期を無効に変更します(サービス再起動が伴います)
(4) スレーブ機で<インストールディレクトリ>conf/revision.dat を削除し、サービスを再起動します
(5) マスター機で設定をロールバックします
→この段階でマスター機の自動同期は有効になり、設定は(1)の段階にロールバックされます。
(6) スレーブ機でも自動同期を有効にし、サービスを再起動します。
→スレーブ機の設定がマスター機と同期されます(1)段階の設定になります。
関連コンテンツ
「i-FILTER」 設定同期で新規サーバーの追加や、一時的に同期解除したサーバ...
「i-FILTER」 バージョンアップのアップデートパッチ適用手順およびロールバ...
「i-FILTER」設定同期環境下でマイナーバージョンアップするときどのように同...
「i-FILTER」 マイナーバージョンアップ後に旧バージョンへ切り戻す場合の手...
「i-FILTER」 設定同期環境で再起動の同期はどのようなタイミングで発生しま...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます