i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3742
  FAQ_ID:3742
Business > i-FILTER Ver.10 > 管理画面
Business > i-FILTER Ver.9 > 管理画面
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > 管理画面
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > 管理画面
 
「i-FILTER」設定同期利用環境でマスター側で「SSL代理証明書同期を有効にする」にチェックを入れた場合、スレーブにもチェックを入れる必要はありますか
対応バージョン: すべてのVer
対応OS: すべてのOS

必要です。

[システム設定 / 設定同期 / 基本設定]の以下設定項目については、
設定同期に参加する各「i-FILTER」間で「すべて同じ」とする必要があります。

---
ブロック解除同期
SSL警告・通知同期
エラーカウント同期
SSL代理証明書同期
Form認証同期
利用時間制限同期
Lookup同期
---

※「自動同期」が有効であり、同期内容が
 「同期可能な設定をすべて同期」もしくは
 「再起動が必要な設定のみ同期」となっている場合、
 上記項目は自動的に同期されます。
関連コンテンツ
「i-FILTER」設定同期環境下でマイナーバージョンアップするときどのように同...
「i-FILTER」特に設定内容を変更していないのに管理画面で「保存」ボタンを押...
「i-FILTER」複数台の設定同期構成の際、一部だけバージョンアップを行うこと...
「i-FILTER」設定同期環境で、スレーブサーバー同士で設定同期通信は発生しま...
「i-FILTER」仮想デスクトップ(VDI)環境のマスターとなる仮想マシンへS...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます