i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3766
  FAQ_ID:3766
Business > D-SPA > ログ
Business > D-SPA > ネットワーク
 
「D-SPA」「established is~」と記載されたサーバーエラーメッセージがあるのですが、対策は必要ですか
対応バージョン: すべてのバージョン

「D-SPA」管理画面内の[システム設定 / 監視設定]にて
「ネットワーク接続数/established値」内の「Warning/Critical」
項目に設定された「監視閾値」を超過した際に出力、通知されるメッセージです。

以下のようなメッセージが記録されます。
------------------
WARNINGs: established is 910.66 (outside range [:900]).

CRITICALs: established is 1095.04 (outside range [:1000]).
------------------


「D-SPA」では以下のような「TCPセッション数の合計」を監視しています。

①「D-SPA」 <-> 上位間
②クライアント <-> 「D-SPA」間

「D-SPA」では「②クライアント <-> 「D-SPA」間」にて処理可能な
クライアントからの同時接続数(スレッド数)上限があり、
こちらの上限を超過しますとクライアント側で「遅延」「閲覧不可」といった事象が
発生します。

スレッド数上限についてはご利用の機器により異なります。
「D-SPA」Ver.3では管理画面の以下でスレッド数の上限を確認できます。

[システム設定 / システムパラメーター設定 / システム機能設定]

「全確立済みセッション数 ÷ 2」が正確なスレッド数になるわけではありませんが、
established値がスレッド数上限の「2倍以上」で推移している場合、
スレッド数枯渇にて「遅延」「閲覧不可」などの事象が発生する可能性が高くなります。




■スレッド数の枯渇に対する対策について

「D-SPA」では、スレッド数上限について変更することができませんので、
恒常的にスレッド数が枯渇している場合、下記のような対策が必要となります。

・Windows UpdateやWebアプリケーションによる通信など、
 フィルタリングや ロギングの必要がない通信をプロキシ通信から除外する。
関連コンテンツ
「D-SPA」HTTP/HTTPSプロキシ管理画面[ システム設定 / システム...
「D-SPA」[ システム設定 / システムパラメーター設定 / プロキシ動作設...
「i-FILTER」 アクセスが多い時間帯にインターネット接続への遅延やタイムア...
「i-FILTER」 SSL代理証明書発行機能の各種設定項目の概要を教えてくださ...
「i-FILTER」 旧バージョンからVer.9に設定を移行した場合、URLフィ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます