i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3800
  FAQ_ID:3800
Business > i-FILTER Ver.10 > データベース
Business > i-FILTER Reporter
 
「i-FILTER Reporter」 カテゴリ別レポートで上位に集計される[コンテンツサーバー]、[IT情報・サービス]、[企業・ビジネス・業界団体]とはどのようなカテゴリですか
対応バージョン:i-FILTER Reporter Ver.10
対応OS:すべてのOS

[コンテンツサーバー]、[IT情報・サービス]、[企業・ビジネス・業界団体]は、
「i-FILTER」Ver.10で新設されたカテゴリですが、Ver.9以前ではカテゴリ登録
されていなかったURLが登録対象となっています。

それぞれ以下内容のURLが登録されています。
-----------------------------------------------------------
「コンテンツサーバー」
画像・動画などの多種多様なコンテンツを提供するサーバー

「IT情報・サービス」
コンピューター・ソフトウェア・インターネットなどの関連情報
ITサービスを提供するサイト及び関連情報サイト

「企業・ビジネス・業界団体」
企業サイト、企業・団体向けに提供するビジネス情報サイト
特定の業務に携わる会員で構成される業界団体サイト
-----------------------------------------------------------

例えば、「https://www.yahoo.co.jp」にアクセスすると、
バックグラウンドで大量のURL通信が発生いたします。

バックグラウンド通信の内訳は、
・画像ファイル
・JavaScriptファイル
・CSSファイル
などのYahooのコンテンツを形成するためのURLが大半を占めます。

「i-FILTER」Ver.9以前ではこれらのURLは未カテゴリでしたが、
Ver.10では「コンテンツサーバー」カテゴリとして登録されております。

そのため、「i-FILTER」Ver.10にバージョンアップしたことで、
これらのURLへのアクセスが顕在化したものと考えられます。


■補足
「i-FILTER」Ver.9までは「ブロック対象となりうるURLをカテゴライズする方式」
でしたが、Ver.10では「あらゆるURLをカテゴライズする方式」に変更しています。

※未登録のURLは弊社に通知され、数日以内に登録されます。

弊社では、「i-FILTER」Ver.10のご利用にあたり、「DBに未登録のURLへのアクセス」
はブロックする運用(※
推奨フィルター設定を有効にする)を推奨しています。

※「
推奨フィルター設定」の設定手順については以下FAQをご参照ください。
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3906

 
関連コンテンツ
「i-FILTER」Webメールを使用できるサイトなのに[Webメール]カテゴリ...
「i-FILTER」Ver.10で推奨されている「カテゴリ外フィルター運用」につ...
「i-FILTER」カテゴリ[オンラインストレージ]と[法人向けオンラインストレ...
「i-FILTER」Webサービスフィルター設定項目にある"リスク"はどのような...
「i-FILTER」 フィルターデータベースに登録されているカテゴリ一覧を教えて...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます