i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3812
  FAQ_ID:3812
Business > i-FILTER Ver.10 > トラブルシューティング
Business > i-FILTER Ver.9 > トラブルシューティング
 
「i-FILTER」Webページが正しく表示されない原因はなんですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

以下の2つの条件が一致したとき、Webページが正しく表示されない事例があります。

・クライアントの動作
Internet Explorerはプロキシ経由しない環境でキャッシュされていない内容を
要求する場合はリクエストヘッダー「Cache-Control: no-cache」を使用しますが、
プロキシ を指定する場合、「Pragma: no-cache」を使用します。

・Webサーバーの動作
リクエストヘッダーが「Pragma: no-cache」のみのリクエストに対し、
「403 Forbidden」を返すことがあります。

_______
■回避方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「i-FILTER」のヘッダーコントローラー機能で次のルールを作成することで
本現象の回避が可能となります。

[1] URLリストを作成
正しく表示されないWebページについてURLを部分一致で追加

[2] ヘッダー詳細制御セットを作成
次の内容のパーツを作成
・ヘッダーのタイプ: リクエスト
・ヘッダー名: Cache-Control
・ヘッダー値: .*
・検索タイプ: 正規表現

[3] ヘッダーコントローラー:監視を作成
次の内容のルールを作成
・タイプ: HTTPリクエストヘッダーを監視する
・上記①のURLリストパーツを条件として追加
・ヘッダー名: [任意のヘッダー] Pragma

[4] ヘッダーコントローラー:操作を作成
次の内容のルールを作成
・タイプ: HTTPリクエストヘッダーを操作する
・上記[2]のヘッダー詳細制御パーツを「!」付の反転条件として追加
・i-FILTER既存パーツの「*no-cache」を追加
 ※ルールパーツ: ヘッダー詳細制御セット(リクエストのヘッダー・文字列)に含まれています。
・ヘッダー名: [任意のヘッダー] Cache-Control
・アクション: 追加
・ヘッダー値: no-cache
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.10 調査時に必要なメモリダンプやコアダンプを取得す...
「i-FILTER」特定のhttpsサイトが「ページを表示できません」となり閲覧...
「i-FILTER」アクセスログが出力されないがなぜですか
「i-FILTER」Ver.10 サーバーパフォーマンス関連の調査に必要な情報一...
「i-FILTER」Ver.10 Webアクセス全体の遅延・接続不調時の調査に必...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます