i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3843
  FAQ_ID:3843
Business > m-FILTER > ログ出力
 
「m-FILTER」プロトコルログの出力フォーマットはどのようなものですか。
対応バージョン: すべてのバージョン
対応OS: すべてのOS

本FAQではサンプルログを例に出力フォーマットを説明します。

■出力先パス(デフォルト)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_ss.log (SMTPメール受信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_sss.log (SMTPSメール受信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_sc.log (SMTPメール送信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_ssc.log (SMTPSメール送信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_ps.log (POP3メール受信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_pss.log (POP3Sメール受信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_pc.log (POP3メール送信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_psc.log (POP3Sメール送信処理)
<インストールディレクトリ>/logs/protocol/protocol_pt.log (メール自動取得処理)

※出力先設定(管理画面)[オプション > ログ > プロトコルログ]


プロトコルログ出力フォーマット
SMTP(S)メール受信処理
出力フォーマット 1行目: キューID、出力日時、プロセスID、接続元IPアドレス、SSL設定
2行目以降: 通信記録
出力例 ===QID=257, DATE=2008/01/16 11:44:11, PID=4500, Client=192.168.243.30, SSL=NONE
<<< [2008/01/16 11:44:11] 220 mail.mfilter.local ESMTP
>>> [2008/01/16 11:44:11] HELO 192.168.x.x
<<< [2008/01/16 11:44:11] 250 mail.mfilter.local
>>> [2008/01/16 11:44:11] MAIL FROM: <txx@mail.daj.test>

SMTP(S)メール送信処理
出力フォーマット 1行目: キューID、出力日時、プロセスID、SMTP送信に使用した サーバーアドレス:ポート番号、SSL設定
2行目以降: 通信記録
出力例 ===QID=303, DATE=2008/01/16 12:17:41, PID=7176, SERVER=192.168.xxx.xx:25, SSL=NONE
>>> [2008/01/16 12:17:41] 220 mail.daj.test ESMTP
<<< [2008/01/16 12:17:41] HELO mail.mfilter.local
>>> [2008/01/16 12:17:41] 250 mail.daj.test
<<< [2008/01/16 12:17:41] MAIL FROM: <txx@mail.daj.test>

POP3(S)メール受信処理
出力フォーマット 1行目: 出力日時、プロセスID、接続元IPアドレス、SSL設定
2行目以降: 通信記録
出力例 ===DATE=2008/01/16 11:53:31, PID=5052, Client=192.168.243.30, SSL=NONE
<<< [2008/01/16 11:53:31] +OK 192.168.x.xx
>>> [2008/01/16 11:53:31] CAPA
<<< [2008/01/16 11:53:31] -ERR authorization first
>>> [2008/01/16 11:53:31] USER test01

POP3(S)メール送信処理
出力フォーマット 1行目:出力日時、プロセスID、POP通信に使用したサーバーアドレス:ポート番号、SSL設定
2行目以降: 通信記録
出力例 ===DATE=2008/01/16 11:53:31, PID=5052, SERVER=192.168.xxx.xx:110, SSL=NONE
>>> [2008/01/16 11:53:31] +OK <6000.1200452258@xxx.jp>
<<< [2008/01/16 11:53:31] CAPA
>>> [2008/01/16 11:53:31] -ERR authorization first
<<< [2008/01/16 11:53:31] USER test01

POPクライアント(メール自動取得処理)
出力フォーマット 1行目:出力日時、プロセスID、POP通信に使用したサーバーアドレス:ポート番号
2行目以降: 通信記録
出力例 ===DATE=2008/01/16 11:53:31, PID=5052, SERVER=192.168.xxx.xx:110
>>> [2008/01/16 11:53:31] +OK <6000.1200452258@xxx.jp>
<<< [2008/01/16 11:53:31] USER test01
>>> [2008/01/16 11:53:31] +OK USER
<<< [2008/01/16 11:53:31] PASS ****


 
関連コンテンツ
「m-FILTER」偽装メール対策の「i-FILTER連携」とはどのような機能で...
「m-FILTER」「メールリダイレクト設定」でリダイレクトされているのに配送不...
「m-FILTER」保存メール一覧やログに <@<
「m-FILTER」偽装メール対策の偽装キーワードリストで[初期設定]をクリック...
「m-FILTER」 システムログに「ERROR_b427 システムフィルターの...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます