i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3845
  FAQ_ID:3845
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > m-FILTER > メールフィルタリング
Business > m-FILTER > 偽装メール対策
 
「m-FILTER」偽装メール対策の「i-FILTER連携」とはどのような機能ですか
対応バージョン: m-FILTER Ver.5
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」との連携により、危険メールに内包されるURLを
アクセス禁止にすることができる機能です。
※「m-FILTER」Ver.5 および「i-FILTER」Ver.10以降 をご利用のお客様が対象となります

本機能が有効の場合、以下のような連携を行います。


1.URL取得
 「m-FILTER」は、偽装メール判定により「隔離」「削除」となったメール内の
 URLを取得します。
  取得対象のURLスキームは「http://」「https://」「ftp://」の3種類です。

2. URLリクエスト
 取得したURLの登録リクエストを「i-FILTER」へ行います。

3. URL判定
 「m-FILTER」から送信されたURLがフィルターデータベース未登録の場合に、
 「i-FILTER」はm-FILTER連携用のURLリストへ追加します。URLリストへの
 アクセスは初期設定でブロックとなります。

4. フィルターデータベース登録
 未登録URLはデジタルアーツによるカテゴリ分類後、最新のフィルターデータベース
 への登録が行われます。


参考:
実録インシデント一覧
 
関連コンテンツ
「m-FILTER」偽装メール対策の「i-FILTER連携」を行いたいがどのよう...
「i-FILTER」m-FILTER連携機能を使用する際、管理者ログイン設定のア...
「m-FILTER」偽装メール対策でホワイトリスト(メールアドレスリスト)に登録...
「m-FILTER」偽装メール対策の「中継MTAリスト」とはなんですか
「m-FILTER」偽装メール対策でホワイトリスト(IPアドレスリスト)に登録し...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます