i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3849
  FAQ_ID:3849
Business > i-FILTER Ver.10 > プロキシ認証
Business > i-FILTER Ver.10 > 管理画面
Business > i-FILTER Ver.9 > プロキシ認証
Business > i-FILTER Ver.9 > 管理画面
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > 管理画面
 
「i-FILTER」LDAP認証、NTLM認証(Linux版)の設定項目にあるBIND(バインド)とはなんですか、 またBINDで設定するユーザーの権限はなにが必要ですか

対応バージョン: すべてのバージョン
対応OS: すべてのOS


BIND(バインド)とは、LDAPサービスへログインすることを意味します。

BINDすることでユーザー検索や認証情報の照合など、LDAPサービスの利用が可能となります。
BIND DNとはLDAPサービスへログインするときのユーザーとなります。
そのためBIND DNに設定するユーザーにはLDAPサーバーで側で定義されている
ユーザーおよびグループを照会する権限を持っている必要があります。

以下URLにもBINDに関する記載がありますので
参考にしてください。

▽トラブルシューティングガイド
http://www.daj.jp/bs/support/tsg/i-filter/020501/#a02050102

関連コンテンツ
「i-FILTER」「LDAP認証」のLDAPサーバーにActiveDirect...
「i-FILTER」LDAP認証、Linux版NTLM認証でセキュリティグループ...
「i-FILTER」Linux版NTLM認証で「NTLMドメイン設定」にドメイン...
「i-FILTER」管理画面[グループ設定]よりLDAP認証サーバーからユーザー...
「i-FILTER」NTLM認証が有効な環境で認証対象ドメインコントローラーを降...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます