i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3854
  FAQ_ID:3854
Business > i-FILTER Ver.10 > ログ出力
Business > i-FILTER Ver.9 > ログ出力
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > ログ出力
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > ログ出力
 
「i-FILTER」HTTPステータスコード「503」を返しているのはアクセス先なのか「i-FILTER」なのかを確認する方法はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「i-FILTER」が出力するアクセスログで確認することが可能です。

▼アクセスログ(標準形式)のフォーマット
Ver.10 http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3676
Ver.9 http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2810
Ver.8 http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=1978

アクセスログの「フィルターアクション」が allow となっている場合は、
「i-FILTER」の上位(Webサーバー)からの応答として「503」が
返されたことになります。

「フィルターアクション」が allow以外(blockなど)の場合は、
「i-FILTER」から上位へリクエストの転送はされていないため、
Webサーバーからの応答としての「503」ではなく、「i-FILTER」で
ブロックしたためと判断できます。

なお、「i-FILTER」でのブロック時に返されるステータスコードは
以下設定箇所の設定値に依存します。(デフォルト:503)

<設定箇所>
Ver.8/Ver.9:[システム設定 / システムパラメーター設定 / システム動作設定]
└ ブロック画面送信時の設定 - ステータスコード

Ver.10:[システム / システムパラメーター / 動作設定]
└ 応答画面設定 - ステータスコード

 
関連コンテンツ
「i-FILTER」アクセスログにエラーステータス"503"が出力されていますが...
「D-SPA」のアクセスログに"503"エラーが記載されているのですが、 このエ...
「i-FILTER」 標準形式のアクセスログに出力される2つの時刻は、それぞれど...
「i-FILTER」にて出力される実行ログのメッセージについて知りたい
「i-FILTER」i-FILTER経由でレスポンスコード「502」が表示される...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます