i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3856
  FAQ_ID:3856
Business > i-FILTER Ver.10 > ログ出力
Business > i-FILTER Reporter
 
「i-FILTER」アクセスログを標準形式から変更する場合、Reporterでの集計に必要なカラムは何ですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.10
対応OS: すべてのOS

管理画面[システム / ログ / アクセスログ設定]の「フォーマット設定」で
アクセスログに出力する内容や順番を設定することができますが、
「i-FILTER Reporter」を利用する場合は、以下のカラムが
必要となります(初期設定の出力ログに含まれます)。

 
・アクセス開始日時
・クライアントIPアドレス
・コンピューター名
・認証ユーザー名
・HTTPリクエストサイズ
・HTTPレスポンスサイズ
・フィルターアクション
・フィルター理由番号
・URLカテゴリリスト番号
・WebサービスID
・WebサービスサブID
・グループ名
・ウイルス名
・SSLパラメーター暗号化有無
・HTTPメソッド
・URL
・Content-Type
・チェックサム


必要カラムが不足している場合、フォーマット設定画面で[確認]ボタンクリック時に
以下の注意文が表示されます。


【フォーマット設定画面】
関連コンテンツ
「i-FILTER Reporter」Ver.10のレポートが集計されないがどの...
「i-FILTER Reporter」を利用したいがどうすればよいですか
「i-FILTER Reporter」ではどのようなことができますか
「i-FILTER」アクセスログが出力されないがなぜですか
「i-FILTER Reporter」定時集計の「集計対象ログ」と「開始時刻」は...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます