i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3871
  FAQ_ID:3871
Business > i-FILTER Reporter
 
「i-FILTER Reporter」Ver.10で出力されたレポートの「未カテゴリ」はどういう意味ですか
対応バージョン:i-FILTER Reporter Ver.10
対応OS:すべてのOS

「i-FILTER」のローカルDB、クラウドDBいずれを参照してもカテゴリ登録が
なかったことを意味します。

Ver.10のアクセスログ標準フォーマットでは 、
「カラム20」に「URLカテゴリリスト番号」が出力されます。 

▽参考FAQ
Ver.10 アクセスログ(標準形式)のフォーマットはどのようなものですか 
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3676

レポート画面で表示される「未カテゴリ」は 
カラム20に「-1」が出力されている記録を集計したものとなり、
ローカルDB、クラウドDBいずれを参照してもカテゴリ登録がなかった場合です。 

以下サポート情報サイト記載の 
"「i-FILTER」Ver.10 カテゴリ外フィルター運用の設定推奨について" 
の設定をされている場合、当該通信はブロックされます。 

▽参考サイト
サポート情報サイト「i-FILTER」Ver.10 
https://download.daj.co.jp/user/ifilter/V10/
関連コンテンツ
「i-FILTER Reporter」Ver.10のレポートが集計されないがどの...
「i-FILTER Reporter」ではどのようなことができますか
「i-FILTER Reporter」を利用したいがどうすればよいですか
「i-FILTER」アクセスログを標準形式から変更する場合、Reporterでの...
「i-FILTER Reporter」検索キーワードレポートでAmazonサイト...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます