i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3899
  FAQ_ID:3899
Business > i-FILTER Ver.10 > プロキシ認証
Business > i-FILTER Ver.9 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.5 > プロキシ認証
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.8.0 > プロキシ認証
 
「i-FILTER」LDAP認証、Linux版NTLM認証でセキュリティグループを「i-FILTER」のグループに登録する際の注意点はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.8 Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

セキュリティグループを「属性」で登録してください。


※「memberOf==CN=(セキュリティグループ名)」を登録してください。
※「ユーザー名登録」で「CN=(セキュリティグループ名)」としても動作しません。
※「属性」を使用するためには、予め「NTLM認証設定」にてグルーピングに
 「属性(RDN)」を指定する必要があります。
 Ver.10:[ システム / ユーザー認証 / 基本設定 ]
 Ver.8、9:[ システム設定 / ユーザー認証 / 基本設定 ]


例:
以下のようなディレクトリ構成のとき、user1/user2を
「i-FILTER」にグルーピングさせるのにセキュリティグループを使用する場合は、
memberOf==CN=SecurityGroupA,OU=test01,DC=daj,DC=jp
を登録します。
(CN=SecurityGroupA,OU=test01,DC=daj,DC=jp を登録した場合、
user1/user2は「i-FILTER」にグルーピングされません)

■ディレクトリ構成例
DC=daj,DC=jp

├ OU=test01
│ ├ SecurityGroupA
│ ├ user1
│ ├ user2
│ ・
│ ・

├ OU=test02


 
▼セキュリティグループ
CN=SecurityGroupA,OU=test01,DC=daj,DC=jp
  ├ member==CN=user1,OU=test01,DC=daj,DC=jp
  └ member==CN=user2,OU=test01,DC=daj,DC=jp
 
▼ユーザー
CN=user1,OU=test01,DC=daj,DC=jp
  ├ sAMAccountName==user1
  ├ mail==user1@daj.jp
  ├ memberOf==CN=SecurityGroupA,OU=test01,DC=daj,DC=jp
  ・
  ・

CN=user2,OU=test01,DC=daj,DC=jp
  ├ sAMAccountName==user2
  ├ mail==user2@daj.jp
  ├ memberOf==CN=SecurityGroupA,OU=test01,DC=daj,DC=jp
  ・
  ・
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」「LDAP認証」のLDAPサーバーにActiveDirect...
「i-FILTER」LDAP認証、NTLM認証(Linux版)の設定項目にあるB...
「i-FILTER」管理画面[グループ設定]よりLDAP認証サーバーからユーザー...
「i-FILTER」 LDAP認証が正常に動作しません。LDAPサーバーとの疎通...
「i-FILTER」NTLM認証が有効な環境で認証対象ドメインコントローラーを降...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます