i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3910
  FAQ_ID:3910
Business > i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter > インストール・バージョンアップ
 
「i-FILTER」管理画面からバージョンアップ(アップデート)する方法を教えてください
対応バージョン:i-FILTER Ver.8 / Ver.9 / Ver.10
対応OS:すべてのOS

本FAQでは、管理画面より「i-FILTER」を最新のプログラムにアップデートする
手順についてご説明します。
※管理画面からメジャーバージョンアップすることはできません。
 メジャーバージョンアップする場合は、インストールマニュアルまたは
 該当バージョンのFAQを参照してください。

※Windows版のNTLM認証を使用している場合、「i-FILTER」アップデート終了後、
 サービスのアカウントが「ローカルシステムアカウント」に変更されますので、
 インストール時に設定した「ドメイン管理者」に設定し直す必要があります。


■手順
1. ルート管理者でログインします。

[初期設定]
ユーザー名:root
パスワード:password

2. [トップページ]→[バージョン情報]をクリックします。


3. バージョン情報が表示されます。


4. [「i-FILTER」の更新]ボタンをクリックすると、デジタルアーツのサーバーへ
 最新プログラム存在確認をし、アップデート可能なバージョンがあれば、
 アップデート情報画面を表示します。


5. 自動アップデート(プログラムの更新)を実施する場合は、[アップデート実施]ボタンを
 クリックします。
 リリース情報にアップデート内容を公開しています。必要に応じてご確認ください。
   ※確認内容に記載がある通り、update/bkupにバックアップファイルが取得されます。


6. 自動アップデート確認画面が表示されます。アップデートを行う場合は、「確認」に
 チェックを入れて、[アップデート開始]ボタンをクリックします。
 ※アップデート中、「i-FILTER」のサービスは一度停止します。

7. アップデートの開始を行うと、「i-FILTER」更新実行中の画面を表示します。
 また、アップデートが完了すると[「i-FILTER」更新完了]画面が表示され、アップデートの成功が表示されます。

8. Windows版のNTLM認証を使用している場合は、「i-FILTER」アップデート終了後に
 サービスのアカウントが「ローカルシステムアカウント」に変更されるため、
 インストール時に設定した「ドメイン管理者」に設定し直してください。
関連コンテンツ
「i-FILTER」バージョンアップのアップデートパッチ適用手順およびロールバッ...
「i-FILTER」製品をバージョンアップする際に実施しておくべき点はありますか
「i-FILTER」Ver.10へバージョンアップする方法を教えてください
「i-FILTER」アップデート(マイナーバージョンアップ)、メジャーバージョン...
「i-FILTER」Ver.10へのアップグレードパスを教えてください
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった