i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3924
  FAQ_ID:3924
Business > i-FILTER Ver.10 > ログ出力
Business > i-FILTER Ver.9 > ログ出力
 
「i-FILTER」カテゴリパラメーターのエラー詳細
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

カテゴリパラメータの「-10」「-9」「-8」「-7」「-6」「-5」「-4」について、
考えられる状況を記載します。

■-10:内部エラー
メモリーエラーまたはFTPなどの内部エラー(メモリ確保に失敗など)が
発生した際のエラーとなります。設定やネットワーク環境の障害に拠らず、
かつユーザー側で対処不能なものが対象です。

■-9:上位プロキシ接続エラー
上位プロキシが設定されている場合の接続エラーです。以下のような場合に出力されます。
・上位の応答がタイムアウトした場合(通常のタイムアウト)
・上位から切断された場合(connect後)
・上位からの受信データがない場合(0byte)
・上位にPOSTデータ送信が失敗した場合(既にコネクションが切れているなど)

■-8:上位プロキシ接続タイムアウト
上位プロキシが設定されている場合の接続タイムアウトです。
i-FILTERが上位プロキシへ接続を行い、タイムアウトが発生した場合に出力されます。

■-7:DNS エラー
DNSサーバー(OSキャッシュ含む)への参照(名前引き)に失敗した場合に出力されます。

■-6:サーバー接続エラー
接続先Webサーバーがダウンしていたり応答できないことが原因で、Webサーバーに
接続できなかった場合に出力されます。

■-5:サーバー接続タイムアウト
接続先のWebサーバーとの疎通においてタイムアウトになった場合に出力されます。
・リクエストヘッダ送信エラー
・リクエストボディの送信エラー
・レスポンスヘッダの受信エラー など、
接続後に送受信に問題が発生した場合が該当します。 

■-4:認証エラー
認証情報が間違っていたり、認証サーバーがダウンしたことが原因で認証処理に
失敗した場合に出力されます。
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.10.10で追加された「隔離機能」とはどのような機能...
「i-FILTER」Ver.10の「推奨フィルター設定」とはどのようなものですか
「i-FILTER」Ver.10へのアップグレードパスを教えてください
「m-FILTER」Ver.5.10R01で追加された「ZIPパスワードロックさ...
「m-FILTER」旧バージョンのインストールディレクトリを使用しない場合の V...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます