i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3927
  FAQ_ID:3927
Business > i-FILTER Ver.10 > データベース
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > データベース
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
 
「i-FILTER」 Webサービスの機能名「YouTube閲覧」と「YouTube一般動画閲覧」の違いを教えてください
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

下記の違いがあります。
・YouTube 閲覧
 YouTubeのコンテンツを表示する際に必要となる通信
・YouTube 一般動画閲覧
 YouTubeで配信されている動画を閲覧する際に必要となる通信



「YouTube 閲覧」を「ブロック」にして「YouTube 一般動画閲覧」のみ「許可」に
設定した場合、レイアウトなどが崩れてしまいます。

「YouTube 一般動画閲覧」を「許可」する場合は「YouTube 閲覧」も「許可」にして
運用してください。

Webサービスの機能はツリー構造で表示され、上位の要素との機能的な依存関係を
 インデントで示しています。

 「YouTube 閲覧」
  └「YouTube 一般動画閲覧」
  └「文部科学省公式チャンネル 閲覧」
  └「Tokyo 2020公式チャンネル 閲覧」
  └「YouTube コメント投稿」
  └「YouTube 動画アップロード」

 上記の場合、「YouTube 閲覧」が「ブロック」になっている場合、配下の要素について
 「許可」しても、正常に閲覧できません。
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」YouTubeで文部科学省の動画のみ閲覧を許可させることは可...
YouTube対応「URLリスト抽出ツール」で取得したURLでのフィルタリングが...
「i-FILTER」Webサービス制御が想定した動作にならないのはなぜですか
「i-FILTER」Ver8からバージョンアップした環境で、「Webサービス」「...
「i-FILTER」Webサービスフィルター設定項目にある"リスク"はどのような...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます