i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3985
  FAQ_ID:3985
Business > i-FILTER Ver.10 > SSL Adapter
Business > i-FILTER Ver.9 > SSL Adapter
 
「i-FILTER」TLS 1.0/1.1による通信が無効化されているサイトへのアクセス時に注意する点はありますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

「SSL Adapter」によるSSLデコードが行われていない通信であれば問題ありませんが、
SSLデコード対象の通信である場合は影響を受けることがあるため、「SSL Adapter」の
設定を確認してください。

▼管理画面
--------------------------------------------------
[オプション / SSL Adapter / 基本設定]
└「使用するセキュア通信プロトコル」
--------------------------------------------------
※変更を反映するには「i-FILTER」サービスの再起動が必要です。


※このセキュア通信プロトコルの設定は、「i-FILTER」では上記個所の設定に
 依存しますので、こちらに「TLS1.2」のチェックがない場合、通信エラーとなる
 可能性があります。

■補足

2017年頃より「TLS 1.0」「TLS1.1」による暗号化通信を無効化するサイトが増えており、
今後も増加していくと考えられます。

「i-FILTER」がWebサーバーに接続する際、使用可能なセキュア通信プロトコルが
決定されますが、このとき「互いが提示したセキュア通信プロトコルの中で最も
セキュアなものを利用する」といった動作となります。

設定を行う際は、以下のFAQページを併せて確認してください。

参考FAQ:
▽「i-FILTER」使用するセキュア通信プロトコルのプロトコルバージョンは
連続していなくても問題ないですか
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3721

▽「i-FILTER」特定サイト閲覧時、名前解決は成功しているのにDNSエラーが表示される
http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3384
関連コンテンツ
「i-FILTER」SSL AdapterによってSSLデコードされないサイトが...
「i-FILTER」特定サイトで一定期間のみSSL証明書エラーが表示されたのはな...
「i-FILTER」上位プロキシでSSLデコードを行っているが「i-FILTER...
「i-FILTER」バージョンアップ作業時、ルート証明書ファイルは手動で更新する...
「Windows Udpate」などの製品アップデートの際に、「i-FILTER...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます