i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3986
  FAQ_ID:3986
Business > i-FILTER Ver.10 > SSL Adapter
Business > i-FILTER Ver.9 > SSL Adapter
 
「i-FILTER」SSL AdapterによってSSLデコードされないサイトがあるのはなぜですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

[SSLデコードポリシー設定]でSSLデコードの対象になっていない、もしくは
SSLデコード除外自動設定(Ver.10.10R01以降)の対象ホストである
可能性があります。


■SSLデコードポリシー設定

SSL Adapterは「暗号化されたHTTPS通信を解析する」機能ですが、
全てのHTTPS通信が解析対象となるのではなく、[SSLデコードポリシー設定]で
設定したデコード対象のサイトへのHTTPS通信のみが解析対象となります。

 ▽設定箇所
 [オプション / SSL Adapter / SSLデコードポリシー設定]

 ※こちらに何も設定されていない場合は、どのHTTPSサイトに対しても
  デコードは行わないため、SSL Adapterが無効の状態と同様の動作となります。

 ※"動作"は以下3つから選択可能となっています。
  「利用」       すべてのHTTPS通信に対して適用
  「Webサービス利用」 Webサービスに登録されているHTTPS通信に対して適用
  「除外」       適用除外



 なお、初期設定では上記のように、
 ---------------------------------------------------
 条件: なし(※すべてのユーザー、通信が対象)
 動作: Webサービス利用
 ---------------------------------------------------
 という設定がされており、Webサービスに登録されているHTTPS通信(*)に対して
 SSLデコードが行われます。
 

 登録されているWebサービスにどのようなものがあるかについては、
 「i-FILTER」管理画面TOPの[WebサービスID参照]をクリックすることで
 確認することが可能です。

 Webサービスについては以下FAQページもご参考ください。

 ▽「Webサービスフィルター」は、旧バージョンのフィルタリングとどのような違いがありますか
 http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3198

 (*)サーバー負荷を考慮し、
Webサービスに登録されていてもSSLデコードされない場合もあります

 
■SSLデコード除外自動設定

Ver.10.10R01にて実装された機能です。
「i-FILTER」が推奨するSSLデコード除外設定を自動的にダウンロードして適用します。
どのようなホストが含まれているかについては、一部を除き「非公開」になります。

 ▽設定箇所
 [オプション / SSL Adapter / SSLデコード除外自動設定]
関連コンテンツ
「i-FILTER」SSL Adapterが正常に動作していることを確認する方法...
「i-FILTER」TLS 1.0/1.1による通信が無効化されているサイトへの...
「i-FILTER」上位プロキシでSSLデコードを行っているが「i-FILTER...
「i-FILTER」特定サイトで一定期間のみSSL証明書エラーが表示されたのはな...
「i-FILTER」SSLクライアント証明書通知機能はどのようなものですか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます