i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4001
  FAQ_ID:4001
Business > m-FILTER > 偽装メール対策
 
「m-FILTER」Ver.5.10R01で追加された「ZIPパスワードロックされた添付ファイルの強制検査機能」について教えてください
対応バージョン: m-FILTER Ver.5.10~
対応OS: すべてのOS

セキュリティ対策の一つとして業務に必要なファイルをメールに添付する際に、
パスワード付きZIPファイルを利用する企業が多いことを逆手に取り、
偽装したパスワード付きZIPファイルを送付して受信者を安心させたうえで
マルウェアに感染させるメール攻撃が増加しています。

「m-FILTER」の添付ファイル強制検査機能は、
パスワード付きZIPファイルを強制的に検査して偽装を判定・ブロックする機能です。

機能を有効にするには、管理画面[偽装メール > 偽装メール対策 > 偽装メール対策編集(SMTP)]で
「パスワードロックされた添付ファイルを強制検査する」にチェックを入れます。



以下のように動作します。

【1】パスワード付きZIPファイルが添付されたメールを 「m-FILTER」が受信
【2】「m-FILTER」がパスワードを入力する旨の通知メールを受信者へ送信
【3】通知メール受信者は「m-FILTER」の管理画面にアクセス
【4】受信者がZIPファイルのパスワードを入力
【5】「m-FILTER」は入力されたパスワードで添付ファイルを解凍し添付ファイルの検査を実施



添付ファイルがパスワードロックされたメールを受信した場合、
添付ファイル検査を実施するために、パスワード入力依頼通知にてパスワード入力を要求されます。
パスワード入力画面は、通知メール記載のURLからアクセスできます。

【パスワード入力依頼通知】


【パスワード入力画面】


対象ファイルのパスワードを入力後、「パスワード登録」ボタンをクリックします。

パスワード登録完了後、添付ファイル検査が実施されます。
※パスワード情報は通知メールに記載された「オリジナルメールの本文」や
 「差出人から送信された別メール」等からご確認ください。

パスワード入力を省略する場合は「信頼できる送信元」ボタンをクリックすることで
登録画面へ遷移します。
信頼できる送信元に登録した場合、同じ送信元からのメールに対してはパスワード入力
が省略されます。


対象メールの受信を回避する場合は「信頼できない送信元」ボタンをクリックします。

 
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.10.10で追加された「隔離機能」とはどのような機能...
「i-FILTER」Ver.10の「推奨フィルター設定」とはどのようなものですか
「i-FILTER」Ver.10へのアップグレードパスを教えてください
「m-FILTER」Ver.5.20で追加された「ホワイトリスト配信機能」につい...
「i-FILTER」【脆弱性】JVN#32155106「i-FILTER におけ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます