i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4030
  FAQ_ID:4030
Business > m-FILTER > メールフィルタリング
Business > m-FILTER > 偽装メール対策
 
「m-FILTER」偽装メール対策の「インバウンド設定」とはなんですか
対応バージョン: m-FILTER Ver.5.10R01~
対応OS: すべてのOS

送信元が外部のメール(インバウンド)のみを偽装判定対象にします。
内部メールを偽装判定から除外する場合はチェックを入れます。



こちらにチェックを入れることで、
送信元が外部のメール(インバウンド)のみが偽装判定対象となり、
送信元IPアドレスが以下の条件に合致したときは偽装判定から除外されます。

・除外対象(内部メール)
※以下のいずれかの条件に該当
1. 送信元IPアドレスが「プライベートIPアドレス」
2. 送信元IPアドレスが「中継MTA」に該当かつ、送信元ドメインが「内部ドメイン」


※送信元ドメインを判定するためには[メール送信サーバー/内部ドメイン]画面で、
 内部ドメイン設定が必要です。

※内部メールを正しく判定するために、自組織で利用するMTAではReceivedヘッダーに
 IPアドレスを出力するよう設定してください。

 
関連コンテンツ
「m-FILTER」~Ver.5.01R02 偽装メール対策の「インバウンド設定...
「m-FILTER」偽装メール対策のホワイトリストに登録しているのに「削除」や「...
「m-FILTER」偽装メール対策の禁止拡張子リストにある「...拡張子なし.....
「m-FILTER」偽装メール対策の禁止拡張子リストで[初期設定]をクリックする...
「m-FILTER」偽装メール対策の偽装キーワードリストで[初期設定]をクリック...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます