i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4035
  FAQ_ID:4035
Business > FinalCode > FinalCode5 > 操作方法について
 
「FinalCode5」暗号化ファイルの権限を設定したい
FinalCodeクライアントで暗号化を行う際は、以下2つの暗号化メニューが表示されます。
それぞれについて、基本的な使い方を案内します。

■テンプレートで設定する
毎回同じ設定を行いたい場合は、FinalCodeのテンプレートという形式で必要な権限設定をまとめて指定することが可能です。
すでに管理者によってテンプレートが準備されている場合は、そちらを利用することも可能です。
管理画面から、ご自身で「個人テンプレート」を作成して利用することも可能です。(別途権限が必要です)

■カスタムで設定する
暗号化の際にご自身でファイル単位に権限を指定することができます。
ここでは、以下のような権限が指定可能です。

「閲覧者の設定」
復号化を許可するユーザーを「メールアドレス」で指定します。

「閲覧期限・回数を設定」
閲覧できる期限と、復号化できる回数を指定できます。
無指定の場合は期限と回数の制限はかかりません。

「ファイルの操作権限を設定」
<元ファイル取り出し>
元ファイルの取り出しを許可すると、該当ファイルを開く権限があるユーザーは、ファイルを暗号化されていない元の状態に戻すことが可能になります。
元ファイルの取り出しを禁止すると、該当ファイルは平文に戻せなくなります。
ただし、暗号化を行ったユーザーや管理者であれば、後から「元ファイル取り出し」を許可に権限変更することで元のファイルに戻すことが可能です。

<上書き保存>
上書き保存の許可・禁止を指定します。
上書き保存を許可すると、該当ファイルを開く権限があるユーザーは、元ファイルに戻すことが禁止された状態でファイルを開き、内容を変更して保存することができるようになります。

<コピー・ペースト/キャプチャ>
コピー・ペースト/キャプチャの許可・禁止を指定します。

<印刷>
印刷の許可・禁止を指定します。

<マクロ実行>
マクロ実行の許可・禁止を指定します。
マクロ実行の制御はMicrosoft Office / LibreOffice / Apache OpenOffice / JUST Office が対象となります。
 
関連コンテンツ
「FinalCode」どのように使用するのでしょうか
「FinalCode」管理者または作成者が開くと、設定した権限と異なる権限で開か...
「FinalCode」FinalCodeでファイルを開いている間、特定のアプリケ...
「FinalCode4」どのように使用するのでしょうか
「FinalCode4」OpenOfficeやLibreOfficeのファイルが...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます