i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4048
  FAQ_ID:4048
Business > i-FILTER Ver.10 > その他
Business > i-FILTER Ver.9 > その他
 
「i-FILTER」コンテンツキャッシュ機能のキャッシュ判定仕様を教えてください
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

■キャッシュ保存判定
クライアントから受けたリクエスト、およびサーバーから受信したレスポンスヘッダに対し、
以下の条件でそのレスポンスに含まれるコンテンツをキャッシュするか否かを判定します。
※上から順に条件を判定していきます。



■キャッシュ返却判定
クライアントから受けたリクエストに対し、以下の条件でキャッシュを返すか否かを判定します。
※上から順に条件を判定していきます。
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.8 コンテンツキャッシュ機能を有効にしているにもかか...
「i-FILTER」 [コンテンツキャッシュ設定]と[拡張キャッシュ設定]の違い...
「i-FILTER」Ver.7 の「コンテンツキャッシュ設定」を有効にした場合、...
「i-FILTER」端末がインターネットからコンテンツを取得したのか、「i-FI...
「i-FILTER」コンテンツキャッシュのTTL値はどのようにカウントしています...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます