i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4072
  FAQ_ID:4072
Business > m-FILTER > 構成
Business > m-FILTER > 偽装メール対策
 
「m-FILTER」偽装メール対策を利用する前提条件を教えてください
対応バージョン: m-FILTER Ver.5
対応OS: すべてのOS

本FAQでは、Ver.5より実装された「偽装メール対策」機能を利用するために
必要な事項をまとめています。

1. MailFilterライセンスを保有していること

  「m-FILTER」の基本ライセンスのうち「MailFilter」を保有していることが必須となります。
  保有されているライセンスは、ライセンス証書もしくは管理画面トップの
  「バージョン情報」ボタンから確認可能です。




2. OSに設定されているDNSサーバーで「名前解決」が可能であること

  偽装メール対策を利用する場合は、送信元判定やホワイトリスト配信を行うために
 「名前解決環境」が必要になります。
  OS側の設定で外部ドメインの名前解決が可能なDNSサーバーを指定してください。
 
  ▼参考FAQ
   「m-FILTER」偽装メール対策の「送信元偽装判定」ではどのように判定しますか
   https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4029
   「m-FILTER」Ver.5.20で追加された「ホワイトリスト配信機能」について教えてください
   https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4074
関連コンテンツ
「m-FILTER」偽装メール対策の「送信元偽装判定」ではどのように判定しますか
「m-FILTER」~Ver.5.01R02 偽装メール対策の「送信元偽装判定」...
「m-FILTER」差出人や宛先が偽装されたメールをフィルターすることはできます...
「m-FILTER」~Ver.5.01R02 偽装メール対策の「インバウンド設定...
「m-FILTER」偽装メール対策のホワイトリストに登録しているのに「削除」や「...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます