i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4080
  FAQ_ID:4080
Business > m-FILTER > メールフィルタリング
Business > m-FILTER > 認証
 
「m-FILTER」「グループ設定」で認証ユーザーを検索する際、日本語表記のDNが文字化けしてしまう場合があるのはなぜですか
対応バージョン: m-FILTER Ver.4 Ver.5
対応OS: すべてのOS

LDAPサーバー側のユーザー情報に日本語等マルチバイト文字列が含まれる場合、文字コードの
不整合により文字化けが発生し正常に表示されないことがあります。



このような場合、以下の方法で正しい文字コードで表示されるよう設定してください。

■Ver.4.40R01以降、Ver.5をご利用の場合

「m-FILTER」では、LDAPサーバーとの送受信時に使用する文字コードがShift_JIS
であることを前提で取り扱っています。
しかし、「m-FILTER」が動作するOSとLDAPサーバーの種類、LDAPバージョンにより、
LDAPサーバーから送信されるデータの文字コードがUTF-8となる場合があります。
この場合、「m-FILTER」は正しく文字データを解釈することができなくなり、
マルチバイト文字を正しく扱うことができず、グループ判定やルール判定などが
意図したとおり行われなくなることがあります。

下記のように設定を行うことで正しく文字データを扱うことができるようになります。

1. [インストールディレクトリ]/conf/mf_eweb.defをエディタで開く
2. 「LDAP_OU_CONVERT_SJIS_TO_UTF8=OFF」を追記する
3. 「m-FILTER」の再起動を実施する

※LDAPサーバーから送信されるデータの文字コードがUTF-8となる場合の例
LDAPサーバー名 「m-FILTER」のOS LDAPバージョン
Active Directory Linux バージョン3
OpenLDAP Windows バージョン2 ※BINDが有効の場合
Linux バージョン2、バージョン3



■Ver.4.30R02以前のバージョンをご利用の場合

日本語などのマルチバイト文字列に対応していません。
LDAPのマルチバイト文字を使用する際は、「m-FILTER」Ver.4.40R01以降のバージョンを利用
してください。

 ▼参考FAQ
 「m-FILTER」 LDAPのマルチバイト文字を使用する際に注意する点はありますか
 https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3262


 
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます