i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4085
  FAQ_ID:4085
Business > i-FILTER Ver.10 > SSL Adapter
Business > i-FILTER Ver.10 > トラブルシューティング
Business > i-FILTER Ver.9 > SSL Adapter
Business > i-FILTER Ver.9 > トラブルシューティング
 
「i-FILTER」ブラウザーの証明書警告画面が表示されることがあります、対応方法について教えてください
対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

まず初めに以下FAQページを参照のうえ「SSL代理証明書」機能が無効になっていないかを確認し、
該当している場合は「SSL代理証明書」機能を有効にして改善するか確認してください。

 ▼参考FAQ
 -------------------
 ・「i-FILTER」セキュリティ証明書関連の警告やエラーの種類、抑止の可否について教えてください
 https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2825

 ・「i-FILTER」セキュリティ警告画面に「このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)」が
 表示されず閲覧できないので、対応方法を教えてください
 https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3334

 ・「i-FILTER」 Ver.9/Ver.10 へバージョンアップ後、HTTPSページで証明書警告が表示されるので
 非表示にする方法を教えてください(SSL代理証明書インポート手順)
 https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=3062
 -------------------


■「SSL代理証明書」機能が有効にもかかわらず以下のような証明書警告画面が表示される場合


「i-FILTER」が生成したSSL代理証明書のキャッシュのクリアを行い、
事象が改善されるか確認してください。

※[システム / SSL代理証明書 / キャッシュ情報]のクリア選択で「すべて」を
 選択し、右上の「クリア」をクリックしてください。


上記で改善されない場合、
ブラウザーの証明書更新に必要な通信が「i-FILTER」で
遮断されている(信頼されたルート証明機関への追加が自動で行われない)ために、
ブラウザー側でサーバー証明書の発行元を認証できない
ことが原因で
セキュリティ警告が表示されている可能性が考えられます。

■対応方法
以下のUser-Agentに対して認証除外設定を行うことで事象が改善するか確認してください。

▽除外するUser-Agent
---
Microsoft-CryptoAPI
---

▽設定箇所
Ver.10 : [システム / ユーザー認証 / 除外設定]->除外User-Agent
Ver.9 : [システム設定 / ユーザー認証 / 除外設定]->除外User-Agent
※部分一致で設定します。


また、"ブラウジング情報セット"のルールパーツを利用することで
上記UserAgent情報を指定したルールを作成することが可能となります。

作成した"ブラウジング情報セット"のルールパーツを、
「優先フィルタリング」の設定で閲覧許可とすることで、当該UserAgent情報を持つ
リクエストを「i-FILTER」でブロックしないように設定してください。

-------------------------------------------------------------------------------------
1.[ルールセット / ルールパーツ / ブラウジング情報セット]にて、
以下のルールパーツを作成します。

 ブラウジング情報:User-Agentヘッダーの値
 検索タイプ :部分一致
 値 :Microsoft-CryptoAPI


2.[共通 / 優先フィルタリング](※)にて"行の追加"をクリックし、
以下のルールを追加します。
 (※Ver.9では[共通設定 / 優先フィルタリング設定]になります。) 

 タイプ :フィルタリング
 ルールパーツ:プラウジング情報セット(User-Agentヘッダーの値・完全/部分一致)
 上記「1.」で作成したルールパーツを追加します

 アクション :許可


3.右上の"保存"をクリックします。
-------------------------------------------------------------------------------------

 ▼参考FAQ
 「i-FILTER」 ユーザー認証に対応していないアプリケーションやアドオン通信が正常に動作しません
 https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=2889
 
関連コンテンツ
「i-FILTER」特定のhttpsサイトが「ページを表示できません」となり閲覧...
「i-FILTER」モバイル端末にSSL代理証明用のCA証明書をインポートする方...
「i-FILTER」Ver.10 Webアクセス全体の遅延・接続不調時の調査に必...
「i-FILTER」Ver.10 特定ページの遅延・接続不調時の調査に必要な情報...
「i-FILTER Reporter」Ver.10のレポートが集計されないがどの...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます