i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4101
  FAQ_ID:4101
Business > m-FILTER > ログ出力
Business > m-FILTER > POP通信
 
「m-FILTER」Ver.5.11、Ver.4.84で行われたログの仕様変更について教えてください
対応バージョン: m-FILTER Ver.4.84R01~ Ver.5.11R01~
対応OS: すべてのOS

「m-FILTER」Ver.5.11、Ver.4.84より、プロトコルログ出力設定を常時有効化し、
同時にローテート、自動削除処理を行うよう仕様変更しました。

■注意
プロトコルログにはメール送受信時の通信内容がコマンド単位で記録されます。

POPサーバー機能を利用していて、メールクライアント側で「サーバーにメールを残す」
設定を行っている場合、LISTコマンドやUIDLコマンドの応答がサーバーに残っている
メール通数分記録されることになります。
そのため、POPプロトコルログのサイズが非常に大きくなることがありますので
ご注意ください。
 
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます