i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4104
  FAQ_ID:4104
Business > i-FILTER Ver.10 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.10 > トラブルシューティング
Business > i-FILTER Ver.9 > フィルタールール
Business > i-FILTER Ver.9 > トラブルシューティング
 
「i-FILTER」正規表現を多用した環境でCPU使用率が高いのですが、対策はありますか

対応バージョン: i-FILTER Ver.9 Ver.10
対応OS: すべてのOS

下記のような原因が考えられますので、該当する場合はよりCPU負荷率の
低い記述方法を検討してください。


・一般に「欲張りマッチ(greedy match)」と言われるような、検索負荷が
 高い記述方法で登録している

・「優先フィルタリング設定」など、ACL形式で設定するルールの条件として
 正規表現を大量に登録したURLリストや識別名リストを指定している



■欲張りマッチについて
下記のような表現を記述した場合、検索のための「バックトラック」が大量に
発生するため、処理負荷が高くなります。
(例)

^https?://(.+\.)*www\.daj\.jp/.*


■ACL形式について
「優先フィルタリング設定」や「高度な設定」、「SSLデコードポリシー設定」
といった「ACL形式」のルール設定は、各種ユーザー定義リストよりも
柔軟な条件を設定できますが、その分処理時のCPU負荷は高くなります。


■対策
・「URLリストへの正規表現登録」ではなく「識別名リストへの部分一致登録」で
 代用できないか検討してください。

 (例:変更前)
  ^https?://(.+\.)*www\.daj\.jp/.*
 
(例:変更後)
  www.daj.jp

・「優先フィルタリング設定」ではなく「ユーザー定義リスト」への登録を
 検討してください。


 

関連コンテンツ
「i-FILTER」通信が遅延します。ファイルディスクリプタ上限値について考慮す...
「i-FILTER」ディスク容量が不足した場合はどのように対処すればよいですか
「i-FILTER」 デフォルトの[ヘッダーコントローラー設定]/[ヘッダーコン...
「i-FILTER」 [高度な設定]と[優先フィルタリング設定]はどのように使用...
「i-FILTER」Ver.9 旧バージョン(Ver.8.x)の設定ファイル使用...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます