i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=42
  FAQ_ID:42
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > インストール・バージョンアップ
 
Windows版の「i-フィルター」 Business Edition Ver.5から、「i-FILTER」Ver.6 へ設定情報をコンバートすることができません 何か注意事項はありますか
対応バージョン:i-FILTER Ver.5 Ver.6
対応OS:全てのOS

「i-フィルター Business Edition Ver.5」(以下、Ver.5)のインストール先がデフォルトディレクトリではない可能性があります。その際は、以下の手順にて「i-FILTER Proxy Server Ver.6」(以下、Ver.6)へ設定情報をコンバートすることが可能です。

「Ver.5」をアンインストールします。

「Ver.6」をインストールします。

「Ver.6」が動作している場合は、停止します。

「Ver.6」のconfディレクトリに、“convert.dat”という名前のファイルを作成します。

convert.datを作成しましたらエディタで編集してください。 

【記載例】 
「i-フィルター Business Edition Ver.5」が“D:\Program Files\Digital Arts\i-フィルター Business Edition Ver.5”へインストールされていると仮定します。
D:\Program Files\Digital Arts\i-フィルター Business Edition Ver.5 までを“convert.dat”へ記載します。


記載が終わりましたら“convert.dat”ファイルを上書き保存してください。

保存が終わりましたら「Ver.6」を起動します。
「Ver.5」のインストールされていたディレクトリから、自動的に「Ver.5」の設定内容を読み込み、「Ver.6」の設定に反映します。
コンバートが成功した場合は作成した“convert.dat”ファイルは自動的に削除されます。

「Ver.6」の管理画面を開き、設定されている内容を確認します。
特に、フィルター強度については、バージョンアップにより追加されたカテゴリが多数あるため、全体的な見直しを推奨します。



 
関連コンテンツ
「i-フィルター Business Edition Ver.5」または、「i-F...
サーバーリプレースに伴い「i-FILTER」を Ver.6 から Ver.7 に...
「i-FILTER」Ver.7 の「バージョンアップ」する時に気をつける点はあり...
「i-フィルター」Business Edition Ver.5 から 「i-FI...
「i-FILTER」Ver.7 の「マイナーバージョンアップ」は有償ですか
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます