i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=4792
  FAQ_ID:4792
Business > i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
 
「i-FILTER@Cloud GIGAスクール版」クライアントにAgentをインストールせずにi-FILTER@Cloudを利用する場合は、Webブラウザーに認証ユーザー名/パスワードの入力は必須ですか
Windows端末では、初回入力は必須となりますが、Webブラウザーに資格情報を
保存することも可能です。

Internet ExplorerやEdge(旧バージョン)では一意の設定でアカウント情報の入力は
要求されないようになります。

Windows端末でFirefoxやChrome、Chromium Edgeを利用する場合は、
それぞれにアカウント情報を保持する仕組みがあり、利用することで認証ユーザー名/パスワードが
入力済みの状態で認証ポップアップを表示することが可能です。

iOS端末やChromeOS端末では、いったんアカウント情報を入力すればそれ以降はOSが記憶するため、
再度の入力は不要となります。

※iOSの場合はOSの仕様上、何らかのタイミングでプロキシ認証を要求されることがあります。
 ただし、認証ユーザー名/パスワードが消えているわけではなく、「今はしない」を選択することで
 入力済み認証ユーザー名/パスワードを利用してWebアクセスが行われます。

※Chromebookの場合、ログアウト→再ログインや端末再起動を行うと、
 認証ユーザー名/パスワード入力済みの状態で認証ポップアップが表示されます。
関連コンテンツ
「i-FILTER@Cloud GIGAスクール版」AgentをMDMより配布す...
「i-FILTER@Cloud GIGAスクール版」Chromebookへの導入...
「i-FILTER@Cloud」自動構成スクリプト(pac)を使用する場合の注意...
「i-FILTER@Cloud GIGAスクール版」PACファイルとはどのような...
「i-FILTER@Cloud GIGAスクール版」生徒がフィルター設定を外した...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった