i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=5118
  FAQ_ID:5118
Business > i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter > プロキシ認証
Business > i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter > ログ出力
 
「i-FILTER」認証失敗時に認証ユーザー名をアクセスログに出力することはできますか
対応バージョン: i-FILTER Ver.10.41R01~
対応OS: すべてのOS

可能です。

以下の設定を行うことでアクセスログに認証失敗した際のユーザー名を出力することができ、
認証エラーの調査、または不正アクセスの検知が行えます。

■既存のアクセスログカラム(認証ユーザー名)に出力する場合

管理画面[システム / ユーザー認証 / 基本設定] の「認証失敗時ユーザー名出力」で
有効にチェックを入れると、認証に失敗した際、アクセスログの「認証ユーザー名」のカラムに
認証ユーザー名を出力することが可能です。


■アクセスログにカラムを追加(認証失敗ユーザー名、認証エラーステータス)する場合

管理画面[システム / ログ / アクセスログ設定] で新規カラムを追加し、
「認証失敗ユーザー名」、「認証エラーステータス」を出力することが可能です。
関連コンテンツ
「i-FILTER」認証エラーが一定回数に達したアクセス元からの通信をブロックす...
「i-FILTER」認証ログ/実行ログに『NTLM認証に失敗しました。~』が出力...
「i-FILTER」LinuxでNTLM認証を利用する際『NTLM認証モジュール...
「i-FILTER」Ver.9 設定同期の対象になる設定項目を教えてください
「i-FILTER」『Dアラート』の検知メールを受け取ったのですが、該当URLへ...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった