i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=5129
  FAQ_ID:5129
Business > m-FILTER
 
「m-FILTER」クリプト便連携を行う際の設定で注意する点はありますか
対応バージョン: m-FILTER Ver.4 Ver.5
対応OS: すべてのOS

クリプト便との連携には、機能マニュアル「14-5 ルート証明書作成手順」に
従い作成した証明書を<「m-FILTER」インストールディレクトリ>/conf/certs/ 内に
配置する必要があります。

※ルート証明書のメンテナンスにつきましては各OSの更新に従ってください。
 OS側で更新があった際は、作成したルート証明書についても適宜更新する
 必要があります。


【ルート証明書作成の際の注意点 ※2021年12月時点】
ルート証明書作成手順内で[信頼されたルート証明機関]から
証明書を選択する際、下記も選択する必要があります。
---
Security Communication RootCA2 (有効期間 2009/5/29-2029/5/29)
---

こちらの証明書は、以下サイトからダウンロードが可能です。
("Security Communication RootCA2 Certificate(SCRoot2ca.cer)"が該当します)

●Security Communication RootCA2 Repository
https://repository.secomtrust.net/SC-Root2/

端末側でこちらの証明書を選択できない場合、サイトからダウンロードの上
端末の「信頼されたルート証明機関」にインストール後、改めてルート証明書を
作成して「m-FILTER」に保存してください。
関連コンテンツ
「m-FILTER」『クリプト便』連携機能使用時に通知メッセージの差出人を『元メ...
「m-FILTER MailAdviser」クリプト便が利用できない時はどのよう...
「m-FILTER」『クリプト便連携』機能でクリプト便に転送されたファイルのダウ...
「m-FILTER」『クリプト便』のファイルパスワード通知メールが送信されている...
「m-FILTER」Ver.5 SMTPアクセスログの出力フォーマットはどのよう...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった