i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=5157
  FAQ_ID:5157
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > MultiAgent
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > Windows
Business > i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4 > 問題の解決方法
 
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 MultiAgent for Windows利用時にhttpsサイトで証明書警告が表示されてしまう場合の対処方法を教えてください
2020年11月現在、証明書に問題が無いhttpsサイトアクセスにおいても、
証明書警告が表示されてしまう場合があることが確認されています。

原因については弊社にて調査を行っていますが、
暫定的に現象を回避する場合は、下記[1]、[2]のいずれかの操作を実施してください。


表示例:
「理由 : 信頼された機関から発行された証明書ではありません
 (X509_V_ERR_UNABLE_TO_GET_ISSUER_CERT_LOCALLY)」

 

[1] 管理画面 詳細設定「SSLデコード」にて、SSLデコード を無効化する

 1.管理画面へログインします。
 2.「フィルタリング設定」をクリックし、グループを選択します。
 3.「詳細設定」から「SSLデコード」をクリックします。
 4.「SSLデコード」のチェックボックスをオフにします。
 5.「設定保存」をクリックし、確認画面で「OK」をクリックします。

[2] 管理画面 詳細設定「SSLデコード」にて、
 「i-FILTER ブラウザー&クラウドで証明書の確認を行う」を無効化する


 1.管理画面へログインします。
 2.[フィルタリング設定]をクリックし、グループを選択します。
 3.[詳細設定]から[SSLデコード」をクリックします。
 4.[i-FILTER ブラウザー&クラウドで証明書の確認を行う]のチェックボックスを
  オフにします。
 5.[設定保存]をクリックします。
 6.確認画面で「OK」をクリックします。

 注:
 ・こちらの設定は、設定変更したグループに所属する端末を再起動してから動作します。
 ・初期値はオンとなります。


関連コンテンツ
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 MultiAgent for iOS...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」NHK for SchoolがiOS/...
「i-FILTER ブラウザー&クラウド」 2020年9月1日以降、ブラウジング...
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった