i-FILTER@Cloud
i-FILTER@Cloud GIGAスクール版
m-FILTER@Cloud
Desk@Cloud
i-FILTER Ver.9/Ver.10/Reporter
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
m-FILTER
D-SPA
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
お知らせ

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=5378
  FAQ_ID:5378
Business > FinalCode > FinalCode6 / FinalCode@Cloud > 機能・操作方法について > 透過暗号
 
「FinalCode」透過暗号を使うメリットを教えて下さい
「透過暗号機能」は、個人PC端末上でファイルを作成・保存したタイミングや、システムからダウンロードしたタイミングで自動暗号化する機能です。
ファイルを作成した瞬間から守り、利用ユーザーには暗号化を意識させないためITリテラシーの高低に関わらず幅広いユーザーにご利用いただけます。
透過暗号ファイルにより、内部不正持ち出しを防止するだけでなく、ファイル作成者本人も個人PC端末上には生データを持っていない世界を実現します。 
  • 個人PC端末上でファイルを作成・保存したタイミングや、システムからダウンロードしたタイミングで自動暗号化するため、ユーザーに意識させません。
  • 拡張子は変わらず、アイコンも鍵付きマークでわかりやすいため、いつもと変わらずに操作できます。
  • アプリケーション(Office)の連携機能の制約もないため、今までと同様の使い勝手のファイルセキュリティを実現します。暗号化されたまま、ファイル間リンクや共有機能を利用可能です。(例:Excelのシート間コピー、差し込み印刷等)
透過暗号のメリットは以下の概要ページ中程の「生データを持たない世界を実現」も合わせてご参照ください。
https://www.finalcode.com/jp/lp/v6/

なお、利用開始する際は、以下の注意事項もあわせてご参照ください。

透過暗号を使うにあたっての注意点はありますか
https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?dispNodeId=1585&id=4686


 
関連コンテンツ
「FinalCode」共有フォルダー自動暗号化モジュールはインストール台数に制限...
「FinalCode Reader for Android」Gmailに添付され...
「FinalCode」共有フォルダー自動暗号化モジュールでエクスポートしたファイ...
「FinalCode6」Officeなどのアプリケーションからクラウド上の透過暗...
「FinalCode6」透過暗号ファイルを開くと文字化けするのはなぜですか
この情報は役に立ちましたか?(選択すると、コメント送信欄が表示されます)

役に立った
役に立たなかった