i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:http://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=6
  FAQ_ID:6
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > プロキシ認証
 
「i-FILTER」Ver.7 のWindows版で「NTLM認証」使う場合、認証サーバ(ActiveDirectory)からユーザー情報を取得する方法を教えてください

対応バージョン:i-FILTER Ver.7
対応OS:Windows

Windows版で「NTLM認証」を行う際には下記の条件を満たしている必要があります。 
認証に使用する“ActiveDirectory”に「i-FILTER」がインストールされたサーバーが参加していること。

複数の“ActiveDirectory”を認証に使用する場合は、いずれかの“ActiveDirectory”のドメインに「i-FILTER」が参加しており、全ActiveDirectoryドメイン間で相互に信頼関係が結ばれている必要があります。また、その際は各ドメインのDCと「i-FILTER」間で相互に通信が可能なようにFW等を設定してください。

「i-FILTER」のWindowsサービスアカウントの起動ユーザーが“ActiveDirectory”管理者権限を持っていること。

サービスアカウントはデフォルトでは「ローカルシステムアカウント」になっておりますので、適切なアカウントへ変更してください。

[注意]
バージョンアップした際には「i-FILTER」のサービス起動アカウントが「ローカルシステムアカウント」へ戻ってしまいますので、再設定を行ってください。




 

関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 の「NTLM認証」で認証ポップアップが表示される...
「i-FILTER」Ver.7 (Linux、Solaris版)にて、NTLM認...
「i-FILTER」Ver.7のNTLM 認証環境でログオンユーザー名以外で認証...
「i-FILTER」Ver.8 の「NTLM認証」の環境で、フィルタリングポリシ...
「i-FILTER」Ver.7 環境でアクセスが多い時間帯にインターネット接続へ...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます