i-FILTER Ver.10
i-FILTER Ver.9
i-FILTER Reporter
m-FILTER
D-SPA
D-SPA Manager
DigitalArts@Cloud
i-FILTER ブラウザー&クラウド Ver.3/Ver4
FinalCode
m-FILTER MailAdviser
Labeling
お知らせ
サポート終了製品

URLをクリップボードにコピーしました
FAQ_URL:https://www.pa-solution.net/daj/bs/faq/Detail.aspx?id=66
  FAQ_ID:66
Business > サポート終了製品 > i-FILTER Ver.7 > 構成
 
「i-FILTER」Ver.7 の管理画面の[オプション/システムパラメーター]存在する、「keep-Alive」とはどのような機能ですか
対応バージョン: i-FILTER Ver.7
対応OS: すべてのOS

通信速度の向上、及びサーバーのソケットリソースの消費を抑制、が可能となる機能です。

「Keep-Alive」を使用すると、永続的な接続と複数の要求とを、同一セッション内で処理することが可能となります。
ただし、環境によっては接続が持続することによって、新規接続ができなくなる可能性が増加します。

なお、「Keep-Alive」は、RFC 2616(HTTP 1.1)で規定されています。


 
関連コンテンツ
「i-FILTER」Ver.7 環境でアクセスが多い時間帯にインターネット接続へ...
「i-FILTER」Ver.7 のシステムパラメーターの「タイムアウト」は、「K...
「i-FILTER」Ver.7 の「タイムアウト」の値を大きくした場合に弊害はあ...
「i-FILTER」Ver.7 経由での「通信がタイムアウト」する一般的に考えら...
「i-FILTER」Windows版 NTLM認証環境で製品バージョンアップ後に...
 

感動しました
解決しました
参考になりました
もっと詳しく
わかりにくい
問い合わせます